神田昌典さんの成功者の告白を読んで学んだこと

この記事は3分で読めます

こんにちは、よっしです。

最近、本当に寒いですね。

僕が住んでいる神奈川県では先週雪が積もりました。

 

雪が降っている中でもバッティングセンターに行ったり

1.5キロのメガバーグを食べたり

夜中まで遊んでいたので風邪を引いてしまいました。

身体は資産なので健康管理はしっかりとする必要がありますね。

 

さて、今回は神田昌典さんの成功者の告白という本について

レビューをしていきます。

 

神田昌典さんと言えばコピーライティングを日本で初めて取り入れた

日本一のダイレクトマーケッターです。

 

そんな成功者と言われる神田昌典さんですが

成功にたどり着くまでに様々な苦労を重ねてきたようです。

光があれば闇があるように

成功にも闇という部分が存在しています。

 

成功者の告白では、その闇の部分に焦点を当てて

物語形式でストーリーが進められているのです。

 

「5年間の起業ノウハウを3時間で学べる物語」

このキャッチフレーズ通り

本の中身は、マーケティング、コピーライティング

セールス、コーチングなど様々なノウハウが詰め込まれており

読むだけでもビジネス力の向上につながります。

僕は、面白すぎて2時間くらいで一気読みしてしまいましたね。

 

物語の主人公のタクの脱サラから成功までの過程が

ストーリー形式でまとめられていて

本当に分かりやすく読むことができました。

 

この本を読んで驚いたのが

子供は、夫婦のバランスを保つために

時には病気になってしまうという事です。

 

仕事が上手くいって忙しくなり

家庭の方に時間や労力を割けなくなると

家族の中に問題が生じる可能性が高いです。

 

そういった時に子供は、母と父の中を保つために

病気になるケースがあります。

物語の中でもタクとユキの子供が原因不明の病気になり

生死をさまよう非常に危険な状態に陥ります。

 

仕事が上手くいったからといって

家族の関係をないがしろにするといけないという事ですね。

 

成功といっても人によって様々な定義が存在すると思いますが

多くの人が考えている成功とは

経済的に豊かになることでは無いでしょうか。

 

成功を追い求めるには、家族や身近な人など

大切なことを見逃してしまいがちです。

 

そして会社が成長する過程では

信頼しているビジネスパートナーの裏切りや

内部反乱が起きると描かれています。

 

タクの師匠である神崎も同じように成功者の進む

過程で娘を無くしていると語られています。

 

僕は、この本を読んで成功者は何も良いことだけではないのと実感をしました。

フェラーリを乗り回したり、大きい家に住んだり

おいしいものを食べたり豪遊している

そんな風に成功者はきらやかに思えますが

その過程で大変な苦労をしているという事です。

 

・順調に成功をしている途中で大事件に巻き込まれる

・会社が順調に成長している際に家庭問題が勃発する

・家庭環境が悪化して離婚に追い込まれる

これらは、例外でありまさか自分が同じような目に合うはずがない

と考えていても成功者にはこういった事例が頻繁に起きるのです。

 

実際に僕のおじさんは、年間利益50億円以上の会社の社長ですが

妻が病死したり再婚をしてできた娘が反抗期を迎えて尋常じゃないくらい

荒れているなど苦労をしています。

 

こういった事例を考えると

僕自身もこれからビジネスを進めていく段階で

これまで以上に様々な困難が待ち構えているのではないかと不安になりました。

 

しかし、不安になるだけではなく

今仲良くして関わってくれる人を大切にしていく必要があると思います。

 

ここまで読んで頂きありがとうございました。

僕はメルマガを発行しています。

これまで100万円以上自己投資をしてきた

知識、経験を無料で公開しているので興味がある方は

是非、読んでください。

限定プレゼントも用意しているので。

無料メルマガ

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。