【必見】サークルを立ち上げ30人規模の団体にした具体的な勧誘の方法とは?

この記事は3分で読めます

こんにちは、よっしです。

4月の中旬となり大学ではサークルや部活では

新入生歓迎会のシーズンとなりましたね。

 

僕が所属する部活においても

現在において勧誘活動を続けており

より一層活発な部活にするために励んでいるところです。

 

「新入生をいっぱい入ってもらうぞ」

と意気込んでいても

思った以上に人を集められなかったり

説明会に来た新入生を上手く勧誘できないと悩んでいる人は多いと思います。

 

今回は。僕がサークルを1から立ち上げて1人⇒30人

10数人規模のサークルを40人以上の活発な部活にした

具体的な方法についてお話をしていくので楽しみにして下さいね。

サークルを1から立ち上げた話

僕は、大学1、2年生の頃はインカレでラーメン研究会というサークルに所属をしていました。

ラーメン研究会とは、その名前の通り各大学のラーメン好きが集まって

実際にラーメンを食べに行ったりラーメン好きな仲間を作る活動をしています。

 

東京に来た頃は、豊富なラーメンの種類やおいしいラーメンがたくさんあるので

「ラーメン好きの仲間を作りたい」

と思っていました。

 

ある時にTwitterでラーメン研究会というアカウントを見つけて

イベントに参加をしてみると

・全国学生ラーメン選手権に優勝する人

・1年間でラーメンを2000杯以上食べるスペシャリスト

このような凄い人の話を聞いたり、色んな大学の人脈が作れるので本当に充実していました。

 

ただ僕の大学にはこういったサークルが無かったので

「思い切ってラーメン研究会を作ろう」

という事で実際に立ち上げることにしたのです。

 

とはいっても、部員は僕1人だったので

最初は同じ部活に所属している友達に協力をしてもらい

3人でスタートをしました。

 

問題としては

「どうやって人を集めるのか」

集客の方法を考えた結果

僕は当時においてはネットビジネスの知識があったため

Twitterを用いて行う事に決めた次第です。

 

まずTwitterアカウントを作り

フォローマティックというTwitterの自動運用ツールを用いて

フォロワーを500人ほど集めました。

 

普通の大学生部活、サークルのTwitterアカウントでフォロワーは100もあれば

いい方ですから500という数字は大きいわけです。

 

有名人や芸能人はフォロワーが10000人を超えていたり

一般人でもフォロワーが1000人超えていたりすると

「何かすごい人なんだな」

と直感的に判断する人が多いでしょう。

 

いわゆるハロー効果を用いてブランディングを行いました。

そして普段行うツイートでも美味しそうなラーメンの写真を載せる

仲間と活動している風景を載せるなどを多く盛り込みました。

 

コツとしては、

・どんな活動をしているのか

・どういった人たちがいるのか

・このサークルに入ったらどんな未来を得られるのか

この点を具体的にイメージをさせることです。

 

1日1ツイートでいいので行うことが大切です。

そして新入生のアカウントにフォローをしていって

フォローが返ってきたアカウントに定型文を送っていました。

 

その定型文の内容とは

「こんにちは!

フォローありがとうございます。

○○の代表を務めている○○ともうします。

少しでも興味があれば、新入生歓迎会にさんかしませんか?

ラインのIDかQRコードを教えて頂ければ

新入生歓迎lineにご招待します」

 

このような定型文を自分で作って活用しています。

僕がこの定型文でTwitterからラインまで50人以上集めた

実績のあるものとなっているので、良ければ使ってもらっても構いません。

 

そしてlineグループを作って

活動の日程だったり新しい情報を発信することが必要です。

 

これら一連の過程で初回の活動では、32人を集まったのですが

正直言って予想以上に集まったものですから

ラーメン店には大人数で入ることはできないので

近くの中華屋さんにアポを取って何とか全員お店に入ってもらいました(汗)

 

この0から何かを立ち上げた経験は僕にとっても大きな自信になりましたし

就職活動の際にも使えるので本当にやって良かったなと思っています。

 

もし自分がネットビジネスの経験が無かったら

短期間で人を集めてサークルを立ち上げることはできなかったでしょう。

 

リアルの活動にもネットビジネスの経験が活かせることを

身に染みて実感をしました。

 

人が集まるときには価値を感じる時なので

いかにして楽しませて興味を持ってもらえるかが大事になります。

 

僕のサークルのコンセプトとしては

・1000円以下の安い値段で楽しむことができる

・サークルを通して仲間づくりをしてもらう

・ラーメンという文化を通して学年、性別関係なく交流を図ることができる

という事が挙げられます

 

会社でも団体でも同じですが

軸がしっかりとしていなければ

その組織は簡単に潰れてしまいます。

 

僕は、ブログやメルマガでもそうですが

こういった軸(ブランディング)をしっかりと決めて

実践をしているので結果が出やすい客観的に判断しているのです。

 

他のサークルと差別化を図り自分を選んでもらうためには

少なからず工夫をする必要があります。

その点を意識して部活、サークルの勧誘に取り組んでもらえれば幸いです。

 

今回の記事は以上となります。

ありがとうございました。


僕はメールマガジンを発行しています

このメールマガジンでは学生でも月10万円以上稼ぐ方法

隙間時間で副業を行う具体的な方法をお伝えしています。

プレゼントも用意しているので、興味があれば登録して下さい。

ブログ読者限定プレゼント付き無料メルマガ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。