メルリサーチの評判は?検証レビュー

この記事は3分で読めます

こんにちは、よっしです。

GW明けということで学校が始まり

充実した生活を過ごしています。

 

今回は、メルカリのリサーチシステムである

メルリサーチについてレビューをしていくので楽しみにして下さい。

それでは、みていきましょう。

 

メルリサーチ(片桐亮)レビュー

URL http://jent1.com/l/c/Ub6ZyaJC/FzRDryn0
サイトには

メルリサーチを使ってお小遣い稼ぎ

「メルリサーチは」売れる商品を見つけることができます

と書かれています。

 

どうやらメルリサーチでは、メルカリで売れている商品を

リサーチすることができるサイトとなっていることが分かるでしょう。

 

こちらの画像では、メルリサーチを用いて

実際に商品のリサーチを行って売れる商品を見つけた画像となっております。

 

1日における販売数や最小価格、最大価格も調べることが可能となっているのです。

そして楽天、Amazon、Yahoo!ショッピングとの価格差も

1クリックでリサーチができるので無在庫転売をしている方にとっては

非常に役に立つと思います。

 

転売ビジネスは、

「安く商品を仕入れて高く販売する」

といった市場経済の原理に基づくビジネスモデルです。

 

「価格差のある商品を見つけること=リサーチ」

これが転売ビジネスにとって重要だということです。

 

しかし、リサーチができないために転売ビジネスで結果が出ないという方が

非常に多いのが現状です。

 

僕のところにも、商品の仕入れ方やリサーチの方法の相談が多く寄せられています。

 

そんな中でメルカリにおけるリサーチを簡略化するために作られたのがメルリサーチです。

こちらの動画をご覧ください

 


上記の動画では、実際にメルリサーチの使い方が解説されています。

 

動画を見れば分かるように

初心者でも直感的に操作できるような機能が搭載されているのです。

 

メルリサーチを用いることによって

・商品リサーチにかかる時間や手間を短縮できる

・メルカリの売れ筋商品が明確になる

・カテゴリ別に売れている商品がわかる

・Amazon、ヤフーショッピングなどのネットショップの相場が分かる

・リサーチができない人にとっても簡単に操作できる

これらが可能になるということです。

 

なのでメルカリ転売に取り組んでいる初心者から上級者までの方でも

少なからず役に立つ機能があるので

さらに結果を出したいと考えているならメルリサーチの導入を

真剣に考えたほうがいいというのが率直なところです。

メルリサーチの破格の値段で手に入れられる

今まで述べてきたようにメルリサーチは、

メルカリ転売を取り組むにあたって役に立つシステムであることは明白ですし

作業のより効率化を図るためにも必要です。

 

気になるのはメルリサーチの値段だと思います。

「こんなに凄い機能があるなら月1万円はかかるだろうな」

と思っていましたが

 

何とメルリサーチは期間限定で無料で手に入れることができます。

3980円で販売する予定だったそうですが

今回に限り無料で提供しているそうです。

 

ですから無料期間に内にメルリサーチを手に入れることをお勧めします。

 

実際にメルリサーチは再現性があるのか?

僕が実際にメルリサーチを登録して使用してみましたが

簡単に売れる商品を見つけることが出来ました。

 

普段は、メルカリとアマゾンなどのネットショップを順番にリサーチを行っていましたが

一括でリサーチを行うことができるので作業がかなり効率的になったのです。

 

そしてメルリサーチ攻略講座があり

ノウハウやマニュアルについても充実しているので

きちんとメルリサーチを使用して取り組めば5万円以上の売り上げを見込むことができます。

 

活用講座では、片桐亮氏という

らくめるというフリマアプリの出品システムを販売している方が

使い方や販売戦略を解説しているのです。

 

僕自身も拝見しましたが有料級の情報を無料で公開していたので

非常に驚いたのが率直なところです。

 

ツールを使いこなすためには、優れたマニュアルやノウハウが必要です。

いくら優れたツールであっても使いこなせなければ意味がありませんからね。

 

メルリサーチは再現性があり使えるツールになっているので

興味がある方は登録をして使用してみるのも良いと思います。

 

今回の記事は以上となります。

ご購読頂きありがとうございました。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。