THE UTOPIAユートピアは(一之瀬裕太)は稼げない?検証レビュー

この記事は3分で読めます

こんにちは、よっしです。

注目度の高い無料オファーである一之瀬裕太氏の

ビットコインの全自動売買システムユートピアが発表されたので

個人的な見解を踏まえてレビューをしていきます。

それでは、みていきましょう。

ビットコインの全自動売買システムユートピア(一之瀬裕太)レビュー

http://the-utopia.com/lp/messiah/?d=rakansens&b=16&a=289&l=2

販売者 一之瀬裕太

 

ランディングページのキャッチコピーにおいては

安心、安全、リスク0

ビットコイン億万長者の全員が使用中!

確実に利益が出るタイミングでしか取引しない

ビットコイン全自動売買アービトラージシステム

といった内容になっています。

 

このTHE UTOPIAYユートピアというオファーは文字通り

ビットコインの全自動売買システムを導入して稼ぐ仮想通貨の案件になります。

2017年に入って仮想通貨のオファーが増えている印象ですね。

今年は、仮想通貨元年の年である言われているので、これからも仮想通貨のオファーは続出しそうです。

 

「勝率100パーセントで最低月利20パーセントのシステムをプレゼント」

と書かれておりますが、何事にも100%保証できるものは存在しません。

仮に勝率100%のようなシステムが存在しているとしたら

こうしてオファーで多くの人に晒すことなく身内のそのシステムを使用しした方が儲かりますからね。

 

この表現を目にしただけでも明らかに誇大広告であることはわかります。

 

ビットコインは、相場の移り変わりが激しいため

自動売買のシステムに任せてしまっては、危険であるのが正直なところです。

有名な仮想通貨であるビットコインでは、相場が1日で30%変わる時があります。

なのである程度以上は、自己裁量で通過の売買を行う必要があるわけです。

 

システムを使用して、ある程度の相場が上がりそうな通過をピックアップするために

用いるのは良いとは思いますけど、

全てをシステムに委ねてしまわないようにするのが

長期的に稼ぐためには必要な考え方です。

 

具体的な内容を調べるためにランディングページに記載されている

ライン@に登録することにしました。

するとライン@の方に第一回目のプロダクトローンチ用の動画が送られて来る仕組みになっています。

毎日、一ノ瀬裕太氏からメッセージが届くことになります。

 

 

こちらが第一回目の動画になります。

対談形式で一ノ瀬裕太氏とインタビューアーの方とオファーの内容について

話し合っている構成になっています。

 

動画内では2週間で500万円が増えた、1日で26万円が増えたと語っていますが

システムの具体的な詳細については語られていませんでした。

これからの動画によって内容が明らかになって行くことでしょう。

 

最終的には30万円ほどの高額塾の誘導が来ることは明白です。

その内容やシステムが再現性があり、価値のある内容になっているのなら良いですが

この業界には詐欺的なものが多いので、しっかりと見極めることをお勧めします。

 

投資といっても立派なビジネスであるため

・楽をして稼げる

・再現性100%

のような内容を歌っているものには気をつけるべきです。

 

何年か前にオプザイルという投資の詐欺集団が話題になったり

D9のようなすぐに飛ぶ投資案件があったり注意すべき案件が多いからです。

 

分からないことやきになる案件があれば連絡してくださいね。


ご購読頂きありがとうございます

当ブログ限定の無料メルマガを発行しております。

表ではお話できないような

有料級のお話をメルマガでさせて頂いております。

僕のメルマガに登録してもらえれば

・利益率ほぼ100%の理想的なビジネスモデルの全貌とは?

・圧倒的な結果を出すために必要なたった1つのマインドセットとは?

・ただの大学生が6ヶ月で100万円を達成した方法

・寝ていても遊んでいても勝手に口座にお金が振り込まれる仕組みの作り方について

・タイムリーな儲かる商品を知りたい。

・フリマアプリで100万円以上稼ぐ方法とは?

・輸入ビジネス儲かる商品リスト100個

・ビジネスで結果が出る人とうまくいかない人の決定的な違いとは?

上記した内容をメルマガでお届けします。

さらにメルマガ読者限定で

儲かる商品リスト

をプレゼントしています

僕がこれまで実際に売った商品であるので

価値の高い内容です

メルマガ登録はこちらからお願いします

ブログ読者限定プレゼント付き無料メルマガ

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。