コピーライティングは人生の選択肢を広げてくれるスキル

どうも、よっしです。

最近は情報発信ビジネスに関する記事を多めに投稿していることもあって

このような声をいただいています。

 

「よっしさんから情報発信を習いたいです」

「アフィリエイトの企画楽しみにしています」

僕としては本当に嬉しいですし、近々アフィリエイト企画を発表して多くの人を経済的自由へ導いていきます。

 

師匠とのコラボ企画であるブログとメルマガを使用したアフィリエイト戦略に興味がある方は

こちらの記事をご覧になってください。

【特別企画】「億」を稼ぐ師匠から受け継いだDRM×アフィリエイト自動化戦略をあなたへ

 

さて本題に入っていきます。

今日は、ビジネスで大きな結果を出すために必須とも言えるスキルである

コピーライティングについて述べていくので楽しみにして下さいね。

 

そもそもコピーライティングって何だよ?

巷ではコピーライティングは、商品やサービスを

無理やり売るための文章術と認識している人が多いと思います。

セールスレターで明らかに人を煽るような文章を書いて成約率を高めようとしている人が

多いからそのような認識をされることは仕方がないかもしれません。

 

僕自身はネットビジネスを始めた初心者の頃は

「コピーライティングって文章をそのままコピペでもバレないようにするのかな」

なんて恥ずかしい認識をしていました笑

 

ネットビジネスを勉強するようになってコピーライティングの

認識が変わり奥深い学問だなと思うようになったのです。

コピーライティングの定義は copy 文字 writing文章術となります。

文章を書くスキルということですね。

 

もっと突き詰めるとコピーライティングは、

「読み手に正しい情報を分かりやすく伝えるスキル」

になります。

 

コピーライティングは、読み手や顧客に対して販売する商品の魅力や

本当に必要としている人に対して価値を感じさせるように書く文章スキルだということです。

 

「これを買えばあなたは月収1000万円稼げますよ」

「今すぐ買わないとあなたは一生お金持ちになれませんよ」

といった人を煽るスキルではないということを理科してもらえれば幸いです。

コピーライティングって身につけたほうがいいの?

もしあなたがビジネスで結果を出したいのなら

コピーライティングは今すぐにでも身につけるべきです。

正直言って、コピーライティングはすぐに身につけるものではなく何回も訓練をして

使いこなせるようになるわけなので簡単にはいかないんですけどね。

 

ネットビジネスは、どうしても文字で商品の魅力を伝える種類が多いです。

転売にしろ、アフィリエイトにしろ、コンテンツ販売にしろ

全て文字で構成されています。

 

「YouTubeは動画で稼ぐから文章術は必要ないんじゃないの」

そのような感想を持つ方もいらっしゃるかもしれませんが

僕たちは動画のタイトルを読んでクリックするかどうか判断しますよね。

 

動画の中身も人のトークで構成される場合は、書き起こせば全て文字になります。

文章というものは人が喋っているものを分かりやすく言語化しているものなので根本的には一緒です。

どのビジネスを行うにしろ人を行動させる必要があるわけです。

 

ツイッターにしろ、フェイスブックにしろ、ラインにしろソーシャルメディア

インターネット上のコンテンツは文字で構成されるといっても過言ではありません。

 

「文章を制するものはビジネスを制する」

これは、ネットビジネスのセミナーでコピーライティングの教師の言葉ですが

今になって確かに文章を極めることができればいくらでも稼ぐことができると思います。

 

実際に僕もブログとメルマガは文章で構成されているコンテンツを作っているわけですが

月収100万円以上を安定的に1年以上稼ぐことができています。

極論を言ってしまうと僕がお金を稼ぐために行ったことは「文章を書くこと」だけ。

 

文章を書くことでお金が稼げる職業としてコピーライター、小説家、シナリオライターがあります。

そのような職業の人も文章を書くことで収入を得ていますよね。

僕の知り合いのコピーライターは、文章を書いてセールスレターを納品するだけで

年間1億円以上稼げると言っていました。

 

ここまでくると流石としか言いようがありませんが、ライティングを極めることで

「億」という金額を稼ぐことができることは本当に凄いことですよね。

 

職業をコピライター、アフィリエイターを含めた文章を書くだけでお金を稼げる人は

パソコン一台さえあれば日本全国、世界中の場所を仕事場所にすることができます。

僕は、パソコンとポケットワイファイを持って公園で仕事をしたり、学校の教室で作業をしたり

場所に関わらず仕事をすることが可能です・

 

日本ではコピーライターという職業はまだまだ、認知度は低いかもしれませんが

コピーライティングという体系的なスキルを生み出した

アメリカでは、コピーライターという職業は医者や弁護士と並んでモテるそうです。

 

このようにコピーライティングというスキルを極めることで人生の選択肢が広がり

好きな場所、時間にとらわれることなく生活をすることができます。

 

どうやってコピーライティングを身につけるのか?

コピーライティングを身につけることで様々なメリットがあることは分かったけど

どうやってコピーライティングを身につけるのか

勉強法や習得方法が分からないという方が多いと思います。

 

コピーライティングは、文才、才能、経験、スキルは関係なく身につけることができます。

「反応を取れる人間の心理」というものは型があるのでそれを使いこなせるようにすれば良いわけです。

ただし文章を書いたり音読するといった訓練は必要となってきますけどね。

 

ネットビジネスを始めた僕は、文章はこれでもかというほど書けませんでした。

元々、文章を書くことが苦手だったので大学のレポートは2000文字書くのに12時間以上はかかり

支離滅裂な説得力のない文章を書いていたと思います。

ブログで1000文字書くために1日パソコンの前に座っていても書けなかった時期があります。

 

そんなどん底の状況の僕でも現在は訓練をしたおかげで2000文字以上の文章なら1時間足らず

3万文字以上のセールスレターも10日あれば完璧に仕上げることが可能です。

そんな僕がどうやってコピーライティングを身につけてスラスラ文章を書けるようになった方法をお伝えします。

 

上手い人の文章を写経、音読する

 

一流のコピライターからこのようなアドバイスをいただいて素直に実行しました。

「自分が参考になったと思うセールスレターや記事を徹底的に音読や写経をする」ということ。

 

そのアドバイスをもとに1日1つセールスレターや参考になった記事を音読することに決めたのです。

写経は自分の手で文章を書き起こす作業になるので、時間がどうしてもかかってしまいます。

どっちもやってみて音読の方が自分には合っていたので音読を中心にすることにしたのです。

 

実際に音読をしてみて分かったのは売れる文章というものはある一定の型がある。

商品やサービスの種類が違うだけで根本的なセールスレターや記事の書き方は一緒なんだと思いました。

音読をするとその分野に対する知識が深まる、細かな作者のニュアンスが掴めてくるので勉強になります。

 

音読は口、耳、目という五感を使うので頭に入りやすいですし

文章を書き写すよりも断然に時間が短縮されるのでお勧めです。

 

実際にアウトプット(文章を書く)をする

当然のことですが、文章というものは実際に書かなければ身につくことはありません。

いくら文書術に関する本を読んでも、写経、音読などのインプットをしても

アウトプットをしなければ意味がないということです。

 

考えてみれば分かるのですが足が速くなりたくて

足が速くなる本を読んでも動画を見てもトレーニングをしなければそのままですよね。

このように文章を書かなければやり方が掴めません。

 

僕は最初、文章を書くことに苦労をしましたが毎日文章を書いて記事を更新していると

その作業がいつの間にか苦痛ではなく習慣になる時がきます。

歯磨きと一緒です。食後に歯を磨かなければ気持ち悪くなりますよね。

 

僕にとって記事を書くということは、歯磨きと一緒の行為だということです。

文章を書かなければ気持ち悪くなります笑

そこまでの習慣まで落とし込むことができれば後は楽です。

 

書いた文章はブログやメルマガで投稿することで検索エンジンに評価されて

読者も増えていくという良いことばかりです。

最初は下手くそなのは当たり前ですから、どんどん記事を書いていきましょう。

 

コピーライティングを勉強するための教材とは?

 

先ほども述べたようにコピーライティングはアメリカから生まれました。

ですから、コピーライティングの本はアメリカの本を和訳されたものが多く

いまいちニュアンスが掴みづらい状況になってしまいます。

 

コピーライティングを使った見本もアメリカの英語版セールスレターになりますから

「これをどうやって応用させるのか」がいまいち分からないということです。

 

僕はこれまで数多くのコピーライティングに関する講座や本を購入してきましたが

いまいち抽象度が高くて活かせるものがあまりなかったんですよね。

そして色々教材を調べるうちに多くのアフィリエイターが絶賛する教材があったので試しに購入しました。

 

それが宇崎圭吾さんの「ミリオンライティング」になります。

ミリオンライティングの価格は3700円で販売されています。

この値段は、コピーライティングの本では少々高めですが

情報商材ということを考えると破格の安さです。

 

普通の情報商材は、数万円の値段がすることが普通ですからね。

ミリオンライティングは実際のセールスレターを使ってどのように文章を書いて

どのような戦略で購入まで導いていくのか、行動心理学を用いてどのように応用するのか

というポイントがわかりやすく示されていました。

 

しかも返金保障もついているわけですから、実際的にはノーリスクです。

4000円未満という値段で月収100万円以上稼げるスキルが身につくわけですから

これほど労力効果の高い投資はないと言ってもいいほどです。

 

僕の限定特典付きでミリオンライティングのレビューを

しているので興味がある人は呼んでください。

ミリオンライティングThe million writing(宇崎惠吾)が凄すぎた…限定特典付きレビュー

 

僕はコピーライティングを勉強してネットビジネスで稼げるようになりました。

人をどうやって動かすのか、どうやって信頼してもらえるのか

というコツをつかむことで説得力のある文章を書くことができるからです。

 

しかもコピーライティングを真面目に取り組んで勉強している人はほとんどいません。

みんな小手先のテクニックで何となく文章を書いているということです。

それだけコピーライティングを学べがビジネスの幅が広がりライバルと差別化を図ることができます。

 

僕の友達はコピーライティングを勉強して女性からモテるようになったと言っていました。

コピーライティングは行動心理学も勉強するので、普段のコミュニケーションも上達するわけです。

相手の視点になって物事を考えられるようになります。

 

しかも希少性のあるスキルなわけですから引っ張りだこで仕事を取ることが可能です。

企業や個人のライティング案件を受注すること

スキルを活かして自分の商品を販売することができ仕事の幅が広がります。

 

「コピーライティングは人生の選択を広げてくれるスキルである」

この点を分かってもらえれば僕としても嬉しいです。

質問も受け付けているので気軽にご連絡ください!

 


特別な才能、スキル、知識も何もなかった平凡が大学生がどうやって

月収100万円を稼ぎ出し経済的自由を獲得したのか?

 

その具体的なストーリーを有料級の情報をプレゼント付きメルマガ内で読むことができます。

プレゼント付き無料メルマガの登録はこちらから

さらにLine@に登録した人には

「売れるセラーリスト」「スカイプ、Line相談音声権利」をプレゼントしています。

友達登録はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

よっしって誰?

現役大学生WEBマーケッターとして月収300万円を達成しました。

よっしの詳しいプロフィール

報酬画像の一部です

購読者1200人突破!電子書籍付きメルマガ

初心者が0→1を達成する最適な教材

LINE@の追加はこちらから(特別プレゼント付き)

月利30%を達成するシステムの特別モニター募集中

人気記事をまとめました

Twitter

ブログランキング応援お願いします