• 投資
    日給10万を達成するバイナリー自動売買システムの詳細とは?
  • コンサル生の声
    FX企画に参加したトモさんが月利67%を達成しました(証拠画像あり)
  • 勉強方法
    ネットビジネスの種類、稼ぎ方や裏側など徹底解説しました
  • 情報発信
    情報発信ビジネスの稼げるテーマにおける具体的な選定方法とは?
  • 投資
    日給2万を完全自動で稼ぎ出す月利30%越えのFXシステム特別企画
  • SNS
    【保存版】初心者がLINE@で友達1000人以上集める具体的な方法と戦略とは?
  • コンサル生の声
    アフィリエイトど素人の主婦が8ヶ月で月収200万円を稼ぎ出したコンサル事例
  • アフィリエイト
    コピーライティングは人生の選択肢を広げてくれるスキル
インフルエンサー(影響力)になる具体的な方法を実例を踏まえて解説

こんにちは、 よっしです。

ツイッター、インスタグラム、YouTube、Tik Tokなど様々なメディアが多くなっている中で

何かしらの分野で影響力が強い人物をインフルエンサーと呼びます。

インフルエンサーの代表格といえば、ヒカキン、ゆうこす、ハニーぱみゅぱみゅなどの人物が挙げられますね。

 

今回の記事では、一般人がインフルエンサーになる具体的な方法について解説をしていきます。

 

特定のプラットフォームで活躍をする

プラットフォームとは、インスタグラム、ツイッター、youtubeなど既に多くの人が集まっている場所のことを指します。

 

よく考えてみれば分かるのですが、有名人はフォロワーが非常に多く露出が高いため

例えばユーチューブで動画を上げれば再生回数が伸びて、その動画をツイッターに拡散をすれば

ツイッターのユーザーもYouTubeの動画に集まるなどの相互に影響し合える媒体を構築できるのです。

 

ブロガーで有名な人物といえばイケダハヤト氏、はあちゅうさんが代表格として挙げられますね。

彼らはツイッターで投稿をすれば多くの人が反応をします。

 

時には過激な発言で炎上することもありますが、ツイッター内で議論の場を作れる

という点においては非常に影響力が強いことを表しているのです。

 

新しいプラットフォームで活躍をすればインフルエンサーになれる?

 

新しいプラットフォームTik Tok、Voicyがおすすめ

ツイッター、インスタグラム、YouTubeなどは非常に人が多く露出度の高いメディアになっています。

ヒカキンやはじめシャチョーなどのYouTubeにおける成功者は、先行者利益で活躍をしていました。

 

先行者利益とは、最初にそのプラットフォームを活用している人を指します。

後発組よりも先に市場を開拓をした人の方が有利にビジネスを展開できるということです。

 

これはインフルエンサーという分野だけではなく別のビジネスにおいても言えることで

市場を先に進めた方が地位や名誉を獲得しやすく有利に市場を展開しやすということです。

 

ですから今からインフルエンサーになりたいと考えているの人は、新しいプラットフォームを開拓すると良いでしょう。

僕がお勧めするのはTik Tok、voicyになります。

 

Tik Tokは、動画投稿サイトのアプリでありYouTubeや渋谷などの広告において有名になって急速に利用者を拡大しています。

詳しいTik Tokの内容についてはこちらの記事で解説しているのでご覧になって下さい。

Tik Tokとは?広告収入やYouTubeの違いを解説

 

voicyは、簡単にいうと個人のラジオチャンネルを作ることができるソーシャルメディアのことを指します。

ただしvoicyは審査制であるため全員が利用できないという点があります。

上記以外のソーシャルメディアもこれからたくさん出てくるので活用すると良いですね。

 

影響力のある人物と仲良くなる

手っ取り早くインフルエンサーになる方法としては、既に影響力を持っている人から紹介してもらうことが早いです。

テレビや雑誌などのメディアに出演をしている人は有名になっていますよね。

一般人が知っている人のほとんどが何かしらのスマホ、テレビ、雑誌などの媒体を通じているのです。

 

ですから既に影響力のある有名人の手を借りることによって自分の知名度もいち早く高めることができるということです。

有名人と繋がるためにオンラインサロンやコミュニティに所属をすることも一つの手ですね。

オンラインサロンやコミュニティには既にその分野において結果を出している人はたくさんいますから

オフ会が開催されれば仲良くなる機会が増えます。

 

つながりを作ってプライベートでも仲良くしていけばツイッターやインスタグラムで紹介をされることがあるのです。

紹介してくれた人のフォロワーから露出が増えるわけですから、地名どのアップにも繋がるということです。

 

僕が最短最速でインフルエンサーになる行動の具体例を紹介

ここまではインフルエンサーになるための方法について説明をしてきましたが

読者の方にわかってもらいやすいように

「最短最速でインフルエンサーになる行動の具体例」を紹介したいと思います。

 

まずは発信するメディアの大まかなテーマを設定します。

人によって得意分野は語学、料理、仕事論など様々だと思うので

専門の分野を一つ決めることが必要です。

 

自分の強みをしっかりと考えずに取り組んだとしても戦略的に間違っていますからね。

ジャンルを決めたらツイッター、ブログ、インスタグラムなどのメディアを作成して

コンテンツを作成していきます。

 

そしてオンラインサロンやコミュニティに所属をして繋がりを作って宣伝してもらうのです。

団体では、最初から宣伝してもらおうとせずに人として最低限の礼儀を守るようにしましょうね。

コミュニティ内で積極的に発言をしていけば露出が増えますから、人脈作りにも役に立ちます。

 

そうやって一つずつ取り組んで結果が出たら

「どうやったらもっと結果を出せるのか」

「改善点はあるのか」

という点について客観的に分析をすることによってより大きな結果を生むことが可能です。

 

最初から何事もうまくできる人なんていませんから継続的な取り組みが必要だということですね。

 

以上がインフルエンサーになるための具体的な戦略になります。

分からないことや聞きたいことがあればいつでもご質問してくださいね。

最後までご覧になって頂きありがとうございました。

よっし限定メルマガ

未分類の関連記事
  • インフルエンサー(影響力)になる具体的な方法を実例を踏まえて解説
  • Golden Winnersプロジェクト(小林啓市)は稼げないのか?レビューしてみた
  • Rippele booster リップルブースターのシグナル再現性は?徹底レビュー
  • シグナル配信システムC3-System(井上光一)は無料オファーの配信か?徹底レビュー
  • ハイテク転売キャンペーン(高浪ひろし)は稼げない?徹底レビュー
  • THE VISION ザビジョン(土屋浩一)は仮想通貨のICO案件か?レビュー
おすすめの記事