• コンサル生の声
    FX企画に参加したトモさんが月利67%を達成しました(証拠画像あり)
  • 勉強方法
    ネットビジネスの種類、稼ぎ方や裏側など徹底解説しました
  • アフィリエイト
    コピーライティングは人生の選択肢を広げてくれるスキル
  • コンサル生の声
    アフィリエイトど素人の主婦が8ヶ月で月収200万円を稼ぎ出したコンサル事例
  • 投資
    日給2万を完全自動で稼ぎ出す月利40%越えのFXシステム特別企画
  • SNS
    【保存版】初心者がLINE@で友達1000人以上集める具体的な方法と戦略とは?
  • 情報発信
    情報発信ビジネスの稼げるテーマにおける具体的な選定方法とは?
  • 投資
    日給7万を達成するバイナリー自動売買システムの詳細とは?
映画「億男」を見てお金の本質について考えさせられた。

こんにちは、よっしです。

僕は普段から趣味で映画を鑑賞する機会がよくあります。

映画を鑑賞する事によって物語の作り方が鍛えられる、面白いストーリーを発見する事で

ストーリーテリングが鍛えられるというメリットがあるからです。

 

僕自身も映画は非常によく見ていてビジネスの観点からも勉強になります。

それで先日僕は「億男」という映画を鑑賞してきました。

 

「億男」の鑑賞に至った理由としては、タイトルに億が入っているのでお金が絡んでいる映画じゃないのか

テレビやCMで億男について面白そうな構成になっていたからです。

佐藤健、高橋一生という有名俳優も出演しているので中身も非常に気になりましたからね。

それでは「億男」の感想についてシェアをしていきますね。

 

億男のストーリーについて

借金3000万円を抱えていて妻、子供と別居をしている一男という男性が宝くじで3億円を当てました。

ところがこれまで体験したことのないような金額だったので戸惑ってしまいます。

宝くじの高額当選者の行く末を調べると当選後の方が悲惨な状況になっている人が多いということが

インターネットを調べると分かったからです。

 

 

そこで大学時代の親友に尋ねて3億円の正しいお金の使い方を聞きます。

その親友は九十九といって既に起業をしていて資産が100億円に達すると言われるほどのお金持ちです。

 

そこで九十九に会いに行ってお金の使い方を学び相談をして

パーティーを行いましたが3億円丸ごと盗まれてしまいます。

九十九の行方がつかなくなった主人公は、昔の親友と起業をした仲間たちに連絡を取っていきます。

 

そこでは資産が何十億と超える起業家たちとの出会いがありました。

その資産家たちが曲者ぞろいで非常に面白いんですよね。

 

例えば、会社を売却したお金で事業で成功したお金を使ったギャンブラー

お金に対して興味がない男と結婚をしているが家中にお金を隠し持っている主婦

怪しいお金に関するセミナーを主催して高額塾を運営する教祖

 

など様々な人物と出会って九十九の過去について知っていくのです。

個人的に強烈だったのが藤原竜也が演じている千住という教祖様ですね。

 

僕は昔マルチ商法のセミナーに誘われて参加をした経験があるのですが

まさに感じでセミナー会場が異様な雰囲気に包まれて人々を勧誘していたのです。

千住はお金はただのツールだと行って目の前で1万円冊を破らせるという芸当をしていました。

 

そして夢を叶えるための高額塾を売るためにパフォーマンスを繰り返していきます。

「あなたの夢は叶います」という言葉を投げかけて会場全体を盛り上げていく姿は凄かったですね。

そして会場ではお金を財布から出させるパフォーマンスを行なっており非常にリアルな雰囲気でした。

 

千住の名言はお金は神に近い。人々はみんなお金という実態のない無形のものに信仰をしている。

だからお金はなんでも叶えられる万能のツールである。

 

確かにお金は人間が作った概念であり物やサービスの等価交換をする手段になります。

世の中の人はみんなお金という概念のために汗水を流して働いているということです。

そしてお金は万能なので大概のものは手に入れられる。

 

このような出会いを通して主人公の一男はお金について真剣に考えていきます。

一男は借金3000万円を返すことができれば娘、妻と一緒に暮らすことができる。

と考えていましたが妻からは「どんなにお金を持っていてもあなたとは生活はしない」

 

「妻はお金がなかったとしても娘と3人で暮らして年に1回一緒にバレーの発表会を見ることができれば幸せだった。

あなたは借金を背負ってからいつもお金のことばかりを考えてしまって変わってしまいった。」

と突っぱねられてしまいました。

 

お金がないと食事、住むところ、教育などあらゆる面で不利になるがお金のことだけを考えて

それらを疎かにしてしまっては人生楽しくないということが映画を見て気づかされました。

 

僕はビジネスを始めた時は借金だらけだったのでお金のことについて四六時中ずっと考えていたのです。

あの時はどうしてもお金が必要だったので主人公である一男の気持ちは痛いほど分かります。

借金を返すことさえできれば、精神的な余裕が生まれますからね。

 

僕は20代前半にして年収2000万円以上を稼いで社長になることができましたが

調子に乗らず堅実にお金を使おうと決めています。

 

最近では自分の勉強や彼女へのプレゼント、友達に食事を奢ったり自分では無駄遣いをしないようにしているのです。

そうすると不思議なことに以前よりもお金が入ってくるルートが増えてきました。

お金はエネルギーであるので、循環されているんだなと自分で解釈をしています。

 

億男は僕のこれまでの人生の体験を含めて学ぶことがたくさんある映画でした。

僕はこれ以上お金を稼いでたとしても本当に大切なものを守ることができるようにしたいと思っています。

主人公の九十九を演じている佐藤健がかっこよかったので、それだけでも見る価値はあります笑

 

今回の記事を最後までご覧いただきありがとうございました。

 


人数限定でAmazon1位の電子書籍を無料で読むことができます。

僕がビジネスに出会ってから月収100万円を達成した具体的なストーリーを一冊にまとめました。

 

これまでの苦労話、ビジネスの非日常な世界などを僕の実体験ベースで理解することができます。

ビジネスで成功する具体的なマインドや具体的な稼ぐ方法などを取り入れているので是非、ご購読ください。

 

電子書籍を手に入れたい方はこちらのメルマガをご登録ください。
さらに初心者でもすぐに利益が出る売れる商品リストをプレゼントしています。

購読自体は無料ですし、いつでも解除することができます。

よっし限定プレゼント付き無料メルマガ
 

 

よっし限定メルマガ

関連キーワード
  • 映画「億男」を見てお金の本質について考えさせられた。
  • 僕らは自由に働くことができる(伊勢隆一郎)書評レビュー
  • メルカリで稼ぐために理解しておくべき2つの重大なポイントとは?
  • 阿部悠人さんのメルカリ転売入門が凄かった件。書評レビュー
  • 神田昌典さんの成功者の告白を読んで学んだこと
  • 努力の選び方(井上裕之)感想レビュー
おすすめの記事