「ヤフオク転売」自動入札の危険な点を理解して落札の確率を上げる方法

こんにちは、よっしです。

今回の記事ではヤフオクで商品を落札する時に使える機能である

自動入札の危険な点について説明をしていきたいと思います。

僕の経験を踏まえた内容も語っているので役に立ってもらえれば嬉しいです。

 

ヤフオクオークション自動入札の危険な点

 

普通のオークションでは商品を入札するときに何度も値段を吊り上げて落札の可能性をあげるので

オークションの時には、パソコンに見入った状態になる人が多いでしょう。

僕も本当に欲しい貴重な商品を入札するときには、パソコンに見張りついて

入札確認のメールが届いているのかスマホをチェックしたりと他の購入者が入札していないか気になって仕方ありませんでした。

 

商品を安堵も入札する手間をがかからず自動入札は非常に便利だと思われますが

使い方を間違ってしまうと余計な資金がかかってしまうことにもつながります。

 

具体例を挙げると、現段階での価格が2000円の商品が4000円で自動入札をしても

入札者が他にいないのであれば商品を20000円のままで最高入札者として落札することができます。

 

もし入札後に他により安い商品が出品されたからといって最初の入札に使うお金がもったいないと考えて

入札金額を訂正したくなる場合があります。

こんな状況でも最初に4000円を入札しているので金額をもうこれ以上変えることはできないと思っている人もいることでしょう。

 

ですが4000円を入札したとしても入札価格を途中で変更することはできます。

つまり、入札を取り消して止めることは不可能ですが4000円の上限を3000円に変更することはできるということです。

 

もし4000円で入札している商品を2000円の落札価格に変更したい場合は

2000円で商品を入札し直せば上限価格を2000円に変更することができます。

 

再入札する表示価格よりも高額の値段であるなら、いくらでも入札カカウは変更できます。

ですからもし入札が確実な場合で「もっと安く入札をしたい」と思うのであれば際入札をして値段を変更するといいでしょう。

 

別の視点から考えると、他の入札を狙っている人の動向を探りだすことができます。

具体例を挙げると開始価格が2000円の商品を入札するとなると入札件数は「1」と表示されることになります。

そして3000円で入札すると、入札件数は「2」と表示されますが他の人から入札されていないので価格は2000円のままなのです。

 

もし他の人が入札をした結果2軒に増えていたら価格は2100円以上になって盛り上がってることになります。

入札件数が複数なのにも関わらず同じ値段であるということは、同一人物が複数入札したことを明らかにすることがリスクです。

自動入札はあとで価格を変更できますがライバルに悟られないように上手くすることが必要です。

 

最高入札額を探る出す方法とは?

 

ヤフオクの仕組みに詳しい人だと、この自動入札制度を乱用している場合も存在します。

最高入札額を探し出す裏技が存在しているからです。

「いったいこの商品はどのくらいの値段まで釣り上がるのだろう」と高確率で予想をすることができます。

 

それは入札者のこれまでの過去最高入札額を調べる方法です。

さっきの例を出して説明をすると出品者が別のIDを使うことによって100円の少額から値段を上げ競ることができます。

2000円の段階では、一番初めに入札した人が最高入札者になるわけですが

2100円になった時に逆転して自分が最高入札者になるということです。

 

ですが、この方法で最高入札者に自分がなっても商品を自分で落札をしなければなりません。

そのため出品者は自分の入札を削除する必要があります。

そうすると値段は2000円に戻ることになりますが、他の入札者の最高入札額を知ることが可能です。

 

今度は別のIDを使用して4000円で入札するとします。価格は一気に4000円に吊り上って

最初に入札をした人が最高価格入札者になって購入してもらえます。

 

他には複数IDをこのように不使用して入札価格を調整する出品者も存在しています。

ですから自動入札を使って予算以上の価格で入札をしないようにすることが大切です。

自動入札にはもちろんメリットがありますがデメリットを把握しておくことで戦略的に儲けることができます。

 

まとめ

今回の記事のまとめはこちらになります。

・自動入札は非常に便利なシステムだが致命的である
・入札をするために値段を少しずつ上げて動向を探られないようにする
・出品者に同一人物が複数入札していると思われる可能性がある

自動入札は便利なシステムだと思われますが、誤った使い方をすると損するので注意してもらえればと思います。

最後までご覧になって頂きありがとうございました。

 

 


ご購読頂きありがとうございます

当ブログ限定の無料メルマガを発行しております。

表ではお話できないような

有料級のお話をメルマガでさせて頂いております。

僕のメルマガに登録してもらえれば

・利益率ほぼ100%の理想的なビジネスモデルの全貌とは?

・圧倒的な結果を出すために必要なたった1つのマインドセットとは?

・競合さえも利益に変えてしまう驚愕の転売手法とは?

・ビジネスで結果が出る人とうまくいかない人の決定的な違いとは?

上記した内容をメルマガでお届けします。

さらにメルマガ読者限定で特別プレゼントを用意しているので楽しみにして下さいね。

メルマガ登録はこちらからお願いします

よっし限定プレゼント付き無料メルマガ

よっし限定メルマガ

関連キーワード
  • ヤフオクでは自動入札は危険です
    「ヤフオク転売」自動入札の危険な点を理解して落札の確率を上げる方法
  • 転売で飽和している商品
    転売ビジネスの市場は飽和している?長期的に稼ぐために考えること
  • ヤフオク転売で本物のブランド品を見極める方法とは?
  • ヤフオクで売り上げが伸びる出品カテゴリの決め方とは?
  • ヤフオクで利益を上げるためには落札相場を調べるべき理由とは?
  • ヤフオクで販売されている情報商材は稼げるのか!?具体的な事例を踏まえて解説
おすすめの記事