会社を辞めたいのに職場の人に引き止められる時の対処方法

どうも、Webマーケッターのよっしです。

今すぐにでも会社を辞めたい。転職活動中で、内定をもらった時のことを考えて早めに退職のことを伝えたい。

しかしいざ退職の旨を伝えても、スムーズに受け入れてくれるのか不安な人に思う人も多いでしょう。実際、私自身も前アルバイト先で退職を申し出た際、引き止められてずいぶんと悩みました。

 

このページでは、辞めたいけれど退職時の引き止めを心配している方に、その対策を紹介します。

 

会社が退職を引き止める理由を知ろう

会社が退職の希望を申し出た人を引き止める理由は、大きく3つあります。

それでは、1つずつ見ていきましょう。

人員が不足するのを避けるため

退職をするということは、自分が今まで担当していた仕事をする人がいなくなるということです。

誰かがその仕事を担当しないといけなくなるので、他の社員にも迷惑がかかります。

仮に増員をしてその新しい人に担当してもらうとなったとしても、一定期間は誰かがその仕事を行わなければなりません。こういった煩雑で面倒な事態を避けるためにも、会社はあなたを引き止めるのです。

 

上司自身の評価が下がるのを避けるため

評価される内容として、仕事への姿勢や実績・結果などが入っているのはもちろんのことですが、上司には「部下の教育」というものも含まれています。

 

ここでいう教育というのは、部下を会社で役に立つ人に育てることです。つまり部下が退職するとなると、教育不足であったと判断されてしまうのです。

自分の評価を下げないためにも、上司としては部下の退職は何とかして阻止したいことになります。

 

会社にマイナスイメージがつくのを避けるため

会社には「離職率」というものがあります。こちらは会社説明会などで発表する場合や面接時に質問された場合に活用する情報となっています。

 

もし自分が良いなと思った会社の離職率が高かったら「この会社には何か問題があるのではないか」と心配になるかと思います。よって会社としては、できればこの離職率は上げたくないのです。

 

よくある引き止め方とその対策

では実際にどんな引き止め方をされるのでしょうか。その対策も含めて紹介していきます。

退職時期を伸ばしてほしい

前の項目でも説明しましたが、人員が抜けるとなると、後任者を探さなければなりません。他の社員に任せるとしたら、引き継ぎの期間が必要です。

 

また増員するとしたら、引き継ぎ期間の前に、新たな採用者が決まるまでの期間も必要となります。いずれの場合にしても、会社は後任者を決定してその人に十分に引き継ぎを終わらせた状態で退職してほしいと考えます。

「引き継ぎも何もかも終わらせるまで残ってほしい」と言ってくるのには、こういった背景があるからです。

 

【対策】

会社の就業規則を活用し、退職時期を伝える

就業規則には、「退職する場合は、退職日の○ヵ月前に申し出ること」といった内容があります。この規則を守っていれば、会社の都合に合わせる必要は全くありません。

 

「就業規則には『○ヵ月前に申し出る』と書かれておりますので、こちらに従い、○月○日での退職を希望します。」といったように伝えます。

 

もちろんこちらを伝えてもなお引き止めることをやめない人もいるでしょうが、心配せずにこの意見を強く主張し続けましょう。

就業規則を守ることは法律上での決まり事でもあるので、むしろこの規則を守らず引き止める人が問題なのです。

 

人間性を否定してくる

「この時期に辞めるなんて何を考えているんだ」「今までこんなに良くしてきたのに、恩を仇で返すつもりか」といったように、こちらの人間性を否定し、退職することを全否定することです。

 

このように言われると、退職しようとしている自分が全面的に悪いという錯覚を起こしてしまうかもしれません。

【対策】

会社を退職するのは労働者の権利であることを認識する

もちろん退職することで周りに迷惑をかける事実は間違っていません。しかし、会社を退職することは、労働者の立派な権利です。

 

そうでなければ、就業規則に退職時の条件は書かれません。よって退職することは恥ずべき行為ではないので、後ろめたさを感じず、自信を思って伝えましょう。

予測と準備が大切

会社側の引き止めパターンは、こちらの感情に訴えてくるものがほとんどです。

自分の会社だったらどの引き止めパターンに当てはまるのかをしっかり予測し、何を武器にすればいいのかを見定めることが大切です。

会社の就業規則を確認し、どのように伝えればいいのかを入念に準備しておきましょう。

僕は大学生の頃にビジネスに出会ってからパソコン1台で月収100万円以上稼ぐことができています。
これは僕に特別な才能があったわけではありません。
やる気次第で誰でも稼ぐことができます。
おかげで現在は仲間に囲まれて理想的なライフスタイルを送ることができています。
詳しくはこちらのプロフィールで語っているので読んでみてくださいね。
よっしのプロフィール

おすすめの記事