どうも、WEBマーケッターのよっしです。

株式投資の神様と言われているウォーレン・バフェットの投資方法はとてもシンプルです。
割安の株を見つけて、長期にその株を保有するというモノです。

 

いつの時代でも色あせないバフェットの投資哲学はとてもシンプルで素晴らしいモノです。
投資に迷いを感じた時にバフェットの言葉を読み返すことで初心にもう一度戻ることができます。

■ウォーレン・バフェットとは?

オマハの賢人ウォーレン・バフェットは1930年に米国のネブラスカ州オマハで生まれ、現在もオマハを中心に暮らしています。
その為に敬愛の念を込めてオマハの賢人と呼ばれています。
バフェットは、オマハに暮らしながら投資会社バークシャー・ハサウェイの会長兼CEOを務めています。

 

繊維会社だったバークシャー・ハサウェイ社を1965年に買収し再建に乗り出しましたが残念なことに繊維事業を立て直すことはできませんでした。

しかし、保険事業を中心とした投資会社として生まれ変わり、数々の企業への投資を繰り返しました。

今では、世界でもトップクラスの巨大企業、投資会社として成長しています。

ウォーレン・バフェットの総資産は日本円で7兆円とも9兆円とも言われています。

 ■バフェットの投資のルールとは?

過去にバフェットは、株式の銘柄の選択ルールについて言及しています。
その内容を簡単にまとめると以下の通りです。

 

①誰にでもわかるシンプルな事業である
②経営者が倹約家で優秀である
③商品やサービスに独占力がある
④企業としてのブランド価値が高く、歴史のある企業であること
⑤多額の負債を抱えていないこと
⑥高いROEを長年に渡り維持している(20%以上の企業が多い)
⑦EPS(1株あたり利益)が着実に増加している

とてもシンプルで素晴らしいルールです。
銘柄を選ぶ時に数字だけみて投資をするとその会社に思い入れがない為に長期的な投資では失敗することがあります。
その会社に自分自身が将来的に不安があるためです。

 

自分が応援したい企業で現在マーケットで割安で売られていて、
将来性があり長期に保有しても自分が安心だと想う銘柄を買うことが大切です。
誰でもが知っているこれらのルールに当てはまる企業が、バフェットが長年投資し続けているコカ・コーラやアメリカン・エキスプレスになるわけです。

■バフェットが投資している銘柄は何か?

バフェットの保有銘柄、バークシャー・ハサウェイのポートフォリオを構成しているのは?
有名な話でウェルズ・ファーゴ、コカコーラ、アイビーエム、アメリカン・エクスプレスの4銘柄でポートフォリオの全体の約半分を占めています。

これらの銘柄は、「バフェットのBIG4」とも呼ばれ、バークシャー・ハサウェイのポートフォリオの根幹となっています。

 

誰でもが知っている、アメリカの会社の株式を長期的に保有するというとてもシンプルな投資方法です。
もちろん、他にも保有している株式はありますが、大型株を柱に割安と思えば末上場の会社でも巨額な買収を行う投資会社でもあります。

■バリュー株に投資をする

バフェットは、割安と思った株式であれば、株価が下がった時を見計らい、すぐさま購入に向かいます。
そして、株価が戻ったらすぐに売る。
金融危機があったときは、絶好の買い場であります。

 

リーマンショックの時、世界中の投資家が悲鳴を上げて株式を投げ打っているときにバフェットがゴールドマンサックスやGEの株を大量に仕込み、大きな利益を上げたのはとても印象的でした。
そこで、買えるというのもバフェットの凄さです。

■バフェット投資の銘柄選びとは?

〇ROE 20%以上の会社を選ぶ

日本の投資家はあまりROE を見ないと言われています。
しかし、ROE(株主資本利益率)は、バフェット投資では、銘柄を選ぶ上でとても重視している指標の一つです。

 

株主から預かっているお金をどれだけ効率的に利用して利益を生み出しているかを測る指標で、一般的にROEが20%以上の企業は優秀と言われています。
配当も良い企業が多いのもメリットです。

 

株主に好かれる企業であるとも言えます。
アメリカは、昔から日本に比べてROE重視の経営を行っている会社が多いと言われています。

■ウォーレン・バフェットが保有するコカ・コーラ

ブランド力、そして高い30%以上のROEを10年以上も継続しているコカ・コーラ社は物凄い企業です。
ROE を10年、20年と続けられる企業はあまりありません。

 

○わかりやすいシンプルな企業である

どのような投資でも言えることですが、

バフェットは自分のわからないモノには投資をしないと言っています。

わからない企業や仕組みがわからなかったら投資を行わないことです。

 

世界で飲まれているコカ・コーラに投資をする物凄くシンプルな考え方です。

リスクとは自分が何をやっているのかよくわからない時に起こるモノです。

 

そして、株式投資、バフェット投資では誰にでもわかるようなシンプルな事業を展開しており、経営者が優秀な会社に投資をすることと言っています。

日本の企業の多くは売上を伸ばすために事業を多角化したり、M&Aによって新しい分野に事業領域を拡大することが多く、一つの事業を確実に真面目に続けている会社はあまりありません。

 

また、提供している商品やサービスが国内または世界で圧倒的なシェアを誇っているという条件を付けると、さらに難しくなります。

 

しかし、探せば見つかります。
ひとつのモノや技術を世界的なシュアで行っている企業はあります。

 

コカ・コーラのブランド力やブランドの資産は会社自体の資本よりも大きいモノです。
バフェットの保有しているコカ・コーラ社は、飲料を製造販売するという事業に特化しました。

その主力製品でもある「コカ・コーラ」は誰もが知る圧倒的なシェアを獲得しています。

■分散投資は無知に対するヘッジである

自分で何をやっているのかわかっているものにとって、分散投資はほとんど意味がないとバフェットは言います。
自分で調べて納得した銘柄を買うことが株式投資の基本です。

 

また、自分の購入した株が思ったように株価が上がることが投資の醍醐味でもあります。

 ■安定した長期的な投資であること

バフェットは、株式を債券のように債券に例えて長期的に運用しています。
債券は安定した利益を毎年生み出してくれる金融商品です。
バフェット投資は、長年に渡り安定成長を続ける銘柄を選び、ベンチャー企業のようなグロース株(成長株式)には投資しません。

■最後に

ウォーレン・バフェットは倹約家でもあります。
食事は本当にマクドナルドのハンバーガーを食べて、チェリーコークを飲み、洋服も家も着飾ることはありません。
バフェットの投資は長期的な投資でとても堅実的な投資方法です。

 

よっし限定メルマガ

おすすめの記事