どうも、ウェブマーケッターのよっしです。

最近は配当型のウォレットが非常に流行ってますよね。

例をあげるとwo tokenやplus tokenなどが挙げられます。

 

僕自身はwo tokenを行なっているのですが順調に資産が増えて日給で1万円以上稼げています。

wo tokenはマルチレベルマーケティングの仕組みも導入しているので非常に稼ぎやすいのです。

紹介すればするほど配当が大きくなってくる点が非常に大きいですね。

 

今回の記事の内容は動画でも解説しています。


さて今回の記事では業界でも流行っているBlock eco tokenについてレビューをしていきたいと思います。

Block eco Token(ブロックエコトークン)とは?

月利8%〜20%

・レベル1:収益の110%

・レベル2:収益の50%

・レベル3:収益の30%

・レベル4:収益の20%

・レベル5:収益の10%

・レベル6:収益の5%

運用資金:500ドル~日本円にして5万円以上

入れるとしたら相場の変動を考えて5万5000円以上を入れることをお勧めします。

プレオープン(2019年5月23日)

グランドオープン(6月半ばを予定)

Block eco TokenMLMの仕組みを導入しています。

 

MLMとはマルチレベルマーケティングの訳です。

つまり自分が紹介するほど紹介報酬が多くもらえるということです。

Wallet系はこのMLMの仕組みを導入しているものが多いです。

 

実際にチームを作ってwallet系のマーケティングに取り組んでいる人もいます。

Block eco Tokenは、オンラインカジノの会社であるサンシティグループと提携していると資料には書かれています。

韓国やマカオなどの世界のカジノでも使える通貨になるそうです。

Block eco Token(ブロックエコトークン)は危険なのか?

僕がいつもお世話になっている投資家の方にBlock eco Tokenはありですか?

と聞いたところBlock eco Tokenはスルーすると言っていました。

その投資家の方は、僕にwo tokenという有料案件を紹介してくれていつも有益な情報を教えてくれます。

彼はwalletの案件だけで日給50万円を稼ぎ出しています。

 

日給50万円とか意味わからないですよね。月収にしたら1500万円です。

運営会社についても確認してもらったところ、信頼するには判断が難しいと言っていました。

その理由としては会社の情報が不明確だからです。

オンラインカジノという時点で少々怪しさはありますよね。

 

Wa tokenをはじめとする高配当wallet系の案件は、大元が不明である場合は飛ぶ可能性が非常に高いです。

実際に僕も絶対に飛ばないと言っているにも関わらず飛んでいる案件をいくつも見てきました。

そういったポンジスキームの案件多いので注意が必要です。

 

ただwallet系の案件は、価値が上がりきる前に先行的に投資したが方が儲かるので自己判断でお願いします。

やはり長期的な目線で見て判断すると良いと思います。

ハイプをやるにして飛ぶということを大前提として行う必要があります。

そうしなければ飛んで資金を損してしまう可能性が非常に高いので注意してくださいね。

 

プレオープン期間が3ヶ月間あるので、その間に紹介者や資金を入れて仕組みが飛ぶ前に稼ぐやり方なら大丈夫だと思います。

投資が投機にならないように本当に稼げる案件を見極めてくださいね。

 

もしあなたが投資で長期的に稼ぎたいと思うのならこちらの企画人参加することをお勧めします。

最強の自動売買システムとプロのトレーダーのマンツーマンサポートを無料で受けることができるからです。

企画の詳細はこちらからお願いします・

僕は大学生の頃にビジネスに出会ってからパソコン1台で月収100万円以上稼ぐことができています。
これは僕に特別な才能があったわけではありません。
やる気次第で誰でも稼ぐことができます。
おかげで現在は仲間に囲まれて理想的なライフスタイルを送ることができています。
詳しくはこちらのプロフィールで語っているので読んでみてくださいね。
よっしのプロフィール

おすすめの記事