こんにちは〜!よっしです。

 

大事なプレゼンテーションを「Keynote」で分りやすく、おしゃれに作ろう!と意気込み、力を入れて作りはじめてみたものの、

 

「画像ってどうやって回転させるんだ?」

 

とつまずいていませんか?

Keynote内の画像を回転させるのって、少し分りにくいですよね。

 

そこで、今回はAppleのプレゼンテーションソフト「Keynote」で画像を回転する方法をご紹介します。

全く難しいものではありませんので、サクッと自分の理想のプレゼンテーションへ近づけていきましょう!

 

「Keynote」内の画像を回転させる方法

大まかな流れが以下のものになります。

 

  1. プレゼンテーション内の画像を選択
  2. 右上の「フォーマット」をクリック
  3. 「フォーマット」内上部にある「配置」をクリック
  4. 「回転」項目で、好きな角度に回転

 

それぞれ画像を用いながら、手順を説明していきましょう!

 

プレゼンテーション内の画像を選択

まずは、回転させたいと思っている画像を対象とするため、「選択」する必要があります。

 

回転させたいと思っている画像をクリックして、選択状態にしましょう。

 

 

画像の周りに、下記の画像の様な「四角形の白いマーク」が付いていれば選択状態になっています。

 

 

右上の「フォーマット」をクリック

画像を選択状態のまま、フォーマットメニューを開いていきます。

 

右上に配置された「フォーマット」をクリック。

 

 

すると下記の様な、メニューが展開された状態へ変わります。

 

 

フォーマット内上部にある「配置」をクリック

メニューを展開したら、上部にある「配置」をクリック。

 

表示しているメニュー内容を変更しましょう。

 

 

「配置」を押すと、以下の様なメニュー内容に変わります。

 

 

「回転」項目で好きな角度に回転

ここからいよいよ画像を回転する段階です。

 

「回転」項目内の数値を変更して、画像を任意の角度に回転させていきましょう。

 

 

「回転角」の部分に回転させたい方向の角度を打ち込むと、画像が回転します。

 

 

180°で逆さまに。

 

 

90°で画像の向きが横になります。

 

 

こういったイメージで数値を入力しても回転させることができますが、

 

「数値よりも、感覚的に画像を回転させたい!」

と思う方も多いはず。

 

そういった方は、ダイヤルを回して任意の角度へ画像を回転させることもできます。

 

 

以上が画像の回転方法です。

 

「Keynote」内の画像を回転させる方法まとめ

今回の内容をまとめると

 

  1. プレゼンテーション内の画像を選択
  2. 右上の「フォーマット」をクリック
  3. 「フォーマット」内上部にある「配置」をクリック
  4. 「回転」項目で、好きな角度に回転

 

画像を選択した状態でないと、回転させることができません。

そこだけ注意していただければ、非常に簡単に変更することができますので、是非やってみてください!

 

この他にも、「Keynote」に関するテクニックを紹介しています。

 

 

是非こちらも参考にしながら、今より少しでも良いプレゼンを作っていきましょう!

僕は大学生の頃にビジネスに出会ってからパソコン1台で月収100万円以上稼ぐことができています。
これは僕に特別な才能があったわけではありません。
やる気次第で誰でも稼ぐことができます。
おかげで現在は仲間に囲まれて理想的なライフスタイルを送ることができています。
詳しくはこちらのプロフィールで語っているので読んでみてくださいね。
よっしのプロフィール

おすすめの記事