Wo tokenとは?上場するのか?仕組みや報酬体系を初心者向けに解説

どうも、よっしです。

今回の記事ではWo tokenについて初心者にでも分かりやすく説明します。

この記事を読めばwo tokenについて理解を深められるので最後までご覧になってください。

Wo tokenとは?初心者向けに解説

 

Wo Token(ウォートークン)はThe WO TOKEN Digital Asset Intelligent Contracted E-walletの略で、201934日に日本に初上陸したアービトラージウォレットです。

 

アービトラージとは、同じ仮想通貨でも取引所によって価格が違います。

この価格差を利用して売買しする事で、利益を稼ぐ方法です。

 

Wo tokenは、自分で開設する事が出来ません。それは紹介制度を設けているからです。自分自身が運用し、さらに紹介活動をしていく事で、報酬が得られます。

 

Wo tokenは、デジタル資産を現実世界で誰もが使用できることを目指しています。

ユーザーは、Wo Tokenを使用し、自分のブロックチェーンのデジタル資産を制御できます。そして効果的にデジタル資産の実用化を向上させることが可能です。

 

それはWo tokenが、支払い機関やカード発行機関と連携して、デジタル資産と現実世界の銀行カードを繋ぐからです。

 

「ビットコイン(BTC)」「イーサリアム(ETH)」「イオス(EOS)」「テザー(USDT)」「ライトコイン(LTC)」「ビットコインキャッシュ(BCH)」「SKB」「WRD」のトークンとデジタル資産取引を管理しながら、流通と消費のためにデジタル資産でカードをリチャージできる銀行カードの発行をしています。

Wo tokenの特徴とは?

①ドロップディテクション

指定された割合で値下げに関するシグナルを出す戦略です。

この戦略を使用すると、コインの毎日の取引量に応じて、さまざまなボットの動作を設定でき、特定のコイン、購入価格、販売価格、ストップなどのさまざまなレベルを調整します。

 

②ウォールディレクション

長期間にわたって大量の受注があるコインを見つけます。

 

③ポンプディクテーション

実行された受注を素早く検出します。

以上の特徴を持っています。

それにより、リスクのないデジタル資産高周波自動定量取引(高周波自動定量取引)の開発をしているということです。

 

Wo Tokenは、異なる規模のデジタル資産管理のために、複数の署名技術保証と2段階の承認検証を行います。 携帯電話の確認コード、指紋、バイオメトリック、その他の確認方法などで、デジタル通貨資産のセキュリティを保証しています。

 

また、アメリカ、イギリス、中国、香港、日本などを主流の暗号資産市場としている為、言語サポートも安心です。

 

WO TOKENは、シンプルで便利で安全な支払いおよび取引サービスを提供しています。

 

最低入金額は1,000ドルからで、毎月の報酬は6%~20です。

またウォレットに預けていた仮想通貨をいつでも自由に引き出せます。

 

Wo tokenの評判について

ツイート3記事記載しています。

7月に入ってから雲行きが変わってきているようです。

期待の声もまだまだありますが、悲観的な見方をされている方も多いよう。

 

8月に入っていからは、WoTokenからWORを取引所WOExに送ろうとしたら、WORが消えてしまった場合の対処法がツイートされていたり、Woウォレット、WOEx共にアプリ開けないケースが多数発生中とのツイートもされています。

 

ただ、今は売り時じゃなく買い時でしょうともツイートされていますので、どうなるかはまだわからない状態ですね。

 

Wo tokenの配当の仕組みについて

配当方法は2種類あります。

 

①ウォレット報酬

1,000ドル以上の入金 日利0.25%~0.50%(月利6%~15%)

5,000ドル以上の入金 日利0.30%~0.65%(月利10%~20%)

5000ドルについては複数通貨の合算も可能です。

 

②紹介制度

《直紹介3名まで》

  • 直紹介1名:直紹介50%
  • 直紹介2名:直紹介80%+2段目50
  • 直紹介3名:直紹介100%+2段目50+3段目30

 

直紹介4名以上(Apollo1)直紹介人数=獲得可能段数(最大10)

  • 直紹介1名:直紹介50%
  • 直紹介2名:直紹介80%+2段目50
  • 直紹介3名:直紹介100%+2段目50+3段目30
  • 直紹介410名:直紹介3名の条件+410段目10

 

直紹介4名以上(Apollo2)直紹介人数=獲得可能段数(最大15)

  • 直紹介1名:直紹介50%
  • 直紹介2名:直紹介80%+2段目50
  • 直紹介3名:直紹介100%+2段目50+3段目30
  • 直紹介410名:直紹介3名の条件+410段目10
  • 直紹介1115名:上記条件+1115段目5

 

組織売上からの報酬|Level1

  1. 直紹介10名以上が「Apollo」を起動
  2. 組織の合計運用額が250,000USD以上

上記の条件を満たせば

自分から始まる「組織収益の5(Apollo1)の還元か、

自分がApollo2の場合は、「組織収益の10%」となります。

 

組織売上からの報酬|Level2

  1. ご自身がLevel1を達成
  2. 直紹介者にLv13系列

上記の条件を満たせば

自分から始まる「組織収益の10(Apollo1.2共通)」が還元されます。

自分がApollo2の場合、Apollo1より「1115段目の5%」が多く還元されます。

 

組織売上からの報酬|Level3

  1. ご自身がLevel2を達成
  2. 直紹介者にLv23系列

上記の条件を満たせば

自分から始まる「組織収益の15(Apollo1.2共通)」が還元されます。

自分がApollo2の場合、Apollo1より「1115段目の5%」が多く還元されます。

 

組織売上からの報酬|Level4

  1. ご自身がLevel3を達成
  2. 直紹介者にLv33系列

上記の条件を満たせば

自分から始まる「組織収益の20(Apollo1.2共通)」が還元されます。

自身がApollo2の場合、Apollo1より「1115段目の5%」が多く還元されます。

 

組織売上からの報酬|Level5

  1. ご自身がLevel4を達成
  2. 直紹介者にLv43系列

上記の条件を満たせば

全世界のWoToken総収益の「5(Apollo1.2共通)」が還元されます。

 

運用停止手数料

45日以内の運用停止で運用額の5%手数料が必要です。

45日以降の運用停止で運用額の1%手数料が必要です。

※45日運用すれば普通に配当の方が多いです。

 

Wo tokenのアップデートは頻繁に行われる

アップグレードのためメンテナンスは度々ありますが、セキュリティなどの機能拡充のために、ウォレットは常に進化していっているようです。

2週間に1度はアップデートするので注意が必要です。

 

最新のバージョンかどうかは、アプリケーションを起動すれば確認できます。

スマートフォンアプリで「ログイン」をすれば、バージョンアップも完了です。

 

Wo tokenは上場するのか?

wo tokenはまだ上場はしていませんが、将来的には上場すると1000円程度になると言われています。

今の1woの価値が40円程度なので約250倍以上になるということですね。

これが本当なら今のうちにwo tokenを始めていれば億り人になれる可能性もあります。

 

ただ上場に絶対はないので気をつけてくださいね。

プラストークンやブロックエコトークンのように出金できなくなる可能性は十分にありますから。

 

最後まで記事を読んでもらいありがとうございました。

私はライン@で役に立つ情報を流しています。

 

ライン@でwo tokenをはじめとする投資案件の相談に乗るのはもちろんのこと期間限定で月利20パーセントを稼げるFX自動売買システムや即金マニュアルを無料で提供しています。

是非友達追加してもらえると幸いです。

僕は大学生の頃にビジネスに出会ってからパソコン1台で月収100万円以上稼ぐことができています。
これは僕に特別な才能があったわけではありません。
やる気次第で誰でも稼ぐことができます。
おかげで現在は仲間に囲まれて理想的なライフスタイルを送ることができています。
詳しくはこちらのプロフィールで語っているので読んでみてくださいね。
よっしのプロフィール

 LINE@登録で特別プレゼント!

投資案件は情報が価値になる

損をしないためには情報が重要

よっしのLINE@を登録して、お得な情報とプレゼントを受け取ろう!

 

 

おすすめの記事