XMアフィリエイトの税金はどうしたらいいの?確定申告や節税対策も合わせて徹底解説!

こんにちは!よっしです。

 

XMアフィリエイトを継続して行なっていくと、結構な額の収益が発生することも多々あります。

時には、急に“ガンッ”と収益が伸びたりすることも。

 

そうした時に気になるのが、税金についてのお話ではないでしょうか?

副業でアフィリエイトをやっているけれど、いくらぐらいから申告が必要なのかや、申告方法に関しても気になりますよね。

 

そこで今回は、XMアフィリエイトを行なっていく上で知っておきたい税金について解説していきます!

 

  • 確定申告とは?
  • 申告はいくらから必要?
  • 申告はどうやるべき?
  • XMアフィリエイトでも有効な節税対策は?

 

自分の環境ややり方に合わせて適切な申告が行えるよう準備していきましょう!

 

XMアフィリエイトでの税金事情

 

まずは、税金に対する基本的なことを確認していきましょう。

 

確定申告とは?

 

確定申告とは対象の年に発生した所得を元に、支払うべき所得税の金額等を申告するものです。

 

所得税及び復興特別所得税の確定申告は、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた全ての所得の金額とそれに対する所得税及び復興特別所得税の額を計算し、申告期限までに確定申告書を提出して、源泉徴収された税金や予定納税で納めた税金などとの過不足を精算する手続です。

引用元:国税庁HP(https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/tokushu/hajimete.htm)

 

当然、アフィリエイトのように個人で何かを行う際にも、収入が一定額以上になると確定申告が必要となる場合がほとんどです。

 

“副業”としてアフィリエイトをされる方の場合、会社で頂く給料とは別で収入が発生しているため、その分を合わせて計算した額を申告する必要があります。

 

この確定申告には大きく3つの種類が。

 

  • 青色申告(10万円控除)
  • 青色申告(65万円控除)
  • 白色申告

 

自分の状況に合わせて適切な申告方法を選択することができます。

 

青色申告(10万円、65万円控除)

 

最大65万円の控除を受けることができ、複式簿記という少し複雑な記帳方法を要するのが特徴です。

 

青色申告を希望する際には、開業届と合わせて「青色申告承認申請書」を税務署へ提出しなくてはなりません。

これは、青色申告で申請を行うことを希望するためのもので、この書類の提出が行われていなければ、青色申告による確定申告を行うことはできません

 

青色申告書による申告をしようとする年の3月15日まで(その年の1月16日以後、新たに事業を開始したり不動産の貸付けをした場合には、その事業開始等の日(非居住者の場合には事業を国内において開始した日)から2月以内。)に提出してください。

引用元:国税庁(https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/09.htm)

 

申告書は該当する年の3月15日までに提出する必要がありますが、事業を新規開業行う方は開業から2ヶ月以内の提出」となっています。

 

また、10万円と65万円の控除額の差がありますが、これは事業主の方が選択することができます。

もちろん65万円の控除額の方が、節税額としては大きいといえますが、誰でも選択できるわけではありません。

 

  • 複式簿記で記帳している
  • 所得の種類が山林所得のみでない などなど

 

他にもいくつか条件がありますが、大きなところはこういった部分です。

 

白色申告

 

青色申告では最大控除を受けるためにも複式簿記での記帳が基本だったことに対して、白色申告では単式簿記での記帳となります。

 

青色申告に比べ、こうした記帳面での手続きの複雑さがないことが特徴で、青色申告承認申請書のような申請書の提出の必要もありません。

 

そのため、青色申告のように控除がないといったことも大きな特徴といえます。

 

手続きが非常にシンプルなため、簿記に慣れていなかったり不安な方の中には、白色申告を選択される方もいらっしゃいますが、赤字を繰り越すことができないといったポイントも白色申告にはあります。

 

青色申告では最大3年間繰り越すことができますが、白色申告では繰り越すことができませんので注意してください。

 

確定申告はいくらから必要?

 

みなさんが特に気になるのは、この確定申告が必要となるラインかもしれません。

 

確定申告は副業としてアフィリエイトを行われる方の場合、会社からもらう給料とは別に所得がいくら発生したかによって申請の必要性の有無が変わってきます。

 

  • (1) 給与の収入金額が2,000万円を超える
  • (2) 給与を1か所から受けていて、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く)の合計額が20万円を超える
  • (3) 給与を2か所以上から受けていて、年末調整をされなかった給与の収入金額と、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く)との合計額が20万円を超える

    ※給与所得の収入金額の合計額から、所得控除の合計額(雑損控除、医療費控除、寄附金控除及び基礎控除を除く)を差し引いた残りの金額が150万円以下で、さらに各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く)の合計額が20万円以下の方は、申告は不要です。

引用元:国税庁(https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/tebiki/2013/a/01/1_06.htm)

 

こちらも国税庁が掲載している確定申告者の対象に関する内容から、多くの方が該当しそうなポイントを抜粋しています。

このことからもわかるように、会社からもらう給料の他に20万円以上の所得が発生した場合には、確定申告の対象です。

 

収入と所得の違いに注意

 

ここで注意したいポイントが、収入と所得の違いです。

 

収入とは事業での売り上げそのもので、経費を差し引いた利益のことではありません。

例えばアフィリエイトの場合は、ASP(アフィリエイトプログラム提供会社)から振り込まれた収益そのものが「収入」となります。

 

それに対して所得は、必要な経費を差し引いた額のことを指します。

アフィリエイトを引き続き例に出すと、ASPから振り込まれた収益からサイト運営にかかったドメイン代やサーバーのレンタル代、ワードプレスの有料テーマ費用など、事業にかかった費用を差し引いた額が所得です。

 

確定申告対象額は“所得”で判定する

 

先ほどお伝えした20万円というラインは、所得が20万円以上かどうかが基準となります。

 

そのため、ASPから入ってきた年間の収益が30万円で、かかった費用が仮に20万円だった場合、所得は10万円となるため確定申告の必要がなくなると判断できるのです。

 

こうした収入と所得という言葉の違いに惑わされることがないようにも注意しましょう。

 

確定申告の方法は?

 

確定申告は毎年2月15日〜3月15日の1ヶ月で、前年1年間に発生した所得を対象に申告が行われます。

 

基本的にこの期間までに必要な書類を準備して税務署へ向かうのです。

 

申告の際には2つの方法から申告を行います。

 

  • 会計ソフトを用いて自分で全て行う
  • 税理士の方にお願いする

 

それぞれ簡単に解説していきましょう。

 

会計ソフトを用いて自分で行う

 

最近は様々な会計ソフトがサービスの提供を行なっています。

それも家電量販店等でソフトを購入してダウンロードするものだけでなく、会計freeeやマネーフォワードのような月額料金を支払う形でブラウザ上にて操作を行うサービスも主流となってきました。

 

むしろ個人事業主の方は、こうしたオンラインサービスを利用している方も非常に多いでしょう。

 

こうしたソフトの良い点は、日々の帳簿付けを打ち込むだけでしっかりとまとめてくれ、最終的には確定申告で必要な書類に関しても、簡単なアンケートに答える等な形でサクッと作成できる点です。

 

  • クレジットカードや銀行口座とオンライン同期
  • 明細を取得するので、そのまま取引入力
  • 勘定科目を予想して提案してくれる
  • 帳簿のどこに入力するかを示してくれる
  • 電話サーポートやチャットサポート
  • 上位プランを選択すると税務調査対策も行える

 

などなど、月額1000円程度で利用できるサービスが多いのに対し、日頃のめんどくさい業務を簡略化できてしまうのは、非常に効率的なサービスといえます。

 

こうした会計ソフトのサービスにもデメリットはあります。

それは、わからないことは自力で解決する必要があること。

内容によっては、チャットや電話サポートで教えていただくこともできますが、より詳しい税に関するお話は、追加料金を支払って推奨される税理士さんに伺うか、税務署へ相談にいくしかありません。

 

いくら便利なシステムが組み込まれており、作業を簡略化できるとはいえ、必ず行き詰まるところが出てきてしまもの。

そうした時に自分でネット上で調べたり、うまくサポートデスクへ質問できるよう現状が把握できるだけの、ある程度の知識は持ち合わせておいたほうが良いかもしれません。

 

税理士の方に依頼する

 

こちらはほぼ全てを丸投げできますので、全くと言って良いほど心配がありません。

 

顧問契約を結ぶと中には、お金の動きや収益レポートといったデータも一緒に提示してくれ、より良い経営のためのサポートを行なってくれる場合もあります。

特に額が大きく、税や簿記に関する知識がそこまでないという方は、検討してみると良いでしょう。

 

税理士の方にお願いする場合には個人で収入が1000万円以内の場合

 

  • 顧問料:1.5~3万円/月
  • 申告代行料:7.5~15万円/1回
  • 記帳代行:6千~1.5万円/月

 

といった大まかな相場になります。

こちらはそれぞれの税理士事務所によって違ったりしますので、一概に断言はできませんが、おおよそこれくらいかかることを目安としておくと良いでしょう。

 

XMアフィリエイトでの消費税はどうなるの?

 

基本的にはXMが海外の業者であるため、消費税が発生しないとされています。

事業所在地が海外の場合は、原則として非課税とされているので、XMアフィリエイトでの所得で消費税が加算されることはないと考えて良いでしょう。

 

ですが、税理士の方によって認識の違いもあるようです。

 

不安思う方は、一度税理士の方へ相談してみると良いでしょう。

 

XMアフィリエイトでも有効な節税対策は?

 

ここからはXMアフィリエイトで行える有効な節税対策を一緒にご紹介していきます。

  • 青色申告を行なう
  • 経費として計上する
  • アフィリエイトサイト(ASP)の分散

 

それぞれ簡単に解説してきましょう。

 

青色申告を行う

 

ここまで見てきた方はもうお気づきかもしれませんが、青色申告の方が当然節税効果を期待できます。

65万円の控除が受けられるというのは大きいため、可能な限り青色申告での申請を行えるのが節税対策としてもベストでしょう。

そのためには、開業届や青色申告承認申請書の提出が必要不可欠となります。

 

ですが、こうした一連の作業を行なった場合には、会社へ副業をしていることを知られる可能性が高くなることも否めません。

 

会社が副業を禁止している場合には、行うことが難しいでしょうが、副業がOKならば申請を行なった方が得策といえます。

 

会社勤めの場合青色申告が困難な可能性も

 

会社に勤めておられるサラリーマンの方は、青色申告の対象となりにくい可能性も高かったりします。

 

青色申告を行う場合には

 

  • 給与以外の事業所得がある
  • 副業額が事業といえるほどの規模である
  • 開業届を出すことが必要である

 

特に継続した収益であったり、額が事業とも見て取れるほどである必要があります

 

XMアフィリエイトをはじめ出した頃は収益がなかなか上がらないこともあるでしょう。

こうしたことからも、雑所得程度の規模では認められない可能性がありますので、しっかりと収益を上げてから青色申告の申請を検討しましょう。

 

経費として計上する

 

節税を行う上でも基本となるのが経費としての計上です。

 

経費は、間違った方向に行くと所得隠しや場合によっては脱税と扱われることもありますが、良識の範囲内できちんとした計上を行えば、指摘される可能性は低いです。

 

特にXMアフィリエイトを行う場合は、経費としてかかる部分が少ないことがある意味ではメリットですが、経費を計上して節税を行うには難しい部分でもあります。

 

  • サーバーのレンタル費用
  • 月々のドメイン料
  • サイト制作にかかった外注費
  • サイトに導入した有料レンプレート代
  • 外注ライターに支払った記事代金
  • 月々のネット契約料(家事按分の必要あり)

 

などなど、こうしたものが経費として計上されるでしょう。

 

家事按分に注意

 

按分とは、事業で使っている部分とプライベートでの使用とが混同する場合に、かかっている費用を事業での使用割合に応じて減らして計上するものです。

 

例えば、ネットやスマホを事業でも使い、プライベートの生活でも使用している場合、事業での割合によりますが

 

  • ネット使用量:¥5,000/月→按分して ¥2,500/月 (半分) として計上
  • スマホ使用量:¥15,000/月→按分して ¥5,000/月(3分の1) として計上

 

こういったように、プライベートでも使っているため、丸々経費として計上せずに、一定の割合の額を計上するといった仕組みです。

 

日数での計算や数字的にわかるものがあれば、そのデータを元に割合を決めるのが一般的とされています。

この按分をきちんと行わずに丸々経費として計上すると、税務署から指摘される可能性があるため、注意しましょう!

 

アフィリエイトサイト(ASP)の分散

 

XMのアフィリエイトサイトプログラムだけでは、どうしても経費として計上できるものが限られてきます。

そのため、他のASPの登録を行ない多様なアフィリエイトを行うと、そこでかかった費用を計上できるため、場合によっては大きな節税対策を施すことも可能でしょう。

 

  • A8.net
  • バリューコマース
  • もしもアフィリエイト
  • afb

 

などなど、日本国内にはたくさんのASPが存在していますので、ぜひそちらも活用しながら適切な経費形状を行なってみてください。

 

まとめ:XMアフィリエイトの税金に関してを徹底解説!

 

今回はXMアフィリエイトにおける税金に関して解説してきました。

いかがだったでしょうか?

 

今回の内容を改めてまとめると

 

  • 確定申告は青色と白糸の2種類
  • 20万円以上の所得が発生した場合申告が必要
  • 会計ソフトか税理士の方に任せて申告
  • 消費税はXMアフィリエイトの場合かからない
  • 青色申告が節税対策としても効果的だが、本業のある方は難しい可能性も
  • 経費を計上して節税
  • ASPに登録して経費を増やすのも手

 

XMアフィリエイトはシステムを作れると、収益が爆上がりしやすい側面もあります。

 

そのため、しっかりとした申告のための準備や知識がないと、多額の追加金を支払う必要性が出る可能性も否めません。

 

良いサイトを作り上げて、安定した事業としての運用ができるよう、今一度税金に関しても改めて確認し直しておきましょう!

 

※当サイトでは国税庁の公表するデータも合わせて、出来るだけ適切な情報の掲載を心がけております。ですが、掲載内容が最新のものであるかどうか、安全なものであるか等について保証をするものではなく、何らの責任を負うものではありません。税法に関しては様々な解釈や大幅な法改正が行われたりと、情報の相違が発生する可能性もあります。そのため、掲載する情報に関してはあくまでも参考程度としていただき、より正確で正しい内容をご希望の方は税理士の方または、最寄りの税務署へお問い合わせください。また、当サイト、またはコンテンツのご利用により、万一、ご利用者様に何らかの不都合や損害が発生したとしても、当サイトは何らの責任を負うものではありません。あらかじめご了承ください。

 

 

僕は大学生の頃にビジネスに出会ってからパソコン1台で月収100万円以上稼ぐことができています。
これは僕に特別な才能があったわけではありません。
やる気次第で誰でも稼ぐことができます。
おかげで現在は仲間に囲まれて理想的なライフスタイルを送ることができています。
詳しくはこちらのプロフィールで語っているので読んでみてくださいね。
よっしのプロフィール

おすすめの記事