「アフィリエイト」と「転売ビジネス」はどっちの方が稼げるのか徹底解説

こんにちは、よっしです。

最近、副業が解禁となる企業も増え、色んなタイプの副業やネットビジネスを始める方が増えています。

 

ネットビジネスの中でも、時間に拘束されず初心者でも稼ぐことができる副業として人気があるのが「転売」と「アフィリエイト」です。WEBサイト上でも情報を多数収集することができます。

 

はっきり言って、転売よりもアフィリエイトの方が稼げるのです。

今回の記事では、転売よりもアフィリエイトの方が稼げる理由と、稼ぐためのコツをご紹介します。

転売(せどり)とは?

安い値段で仕入れた商品を仕入れ値よりも高く売り、差額を利益として得るビジネスです。

 

例えば…

仕入れ値 10,000円 + 梱包・発送などの経費 1,000円 = 11,000円

原価は11,000円になります。

売値を15,000円に設定すると、利益は4,000円です。

10個販売して4万円の利益。

100個販売して40万円の利益。

1,000個販売して400万円の利益。

販売する量が増えるほど、作業時間も増えていきます。

 

本業の傍ら100個や1,000個の商品を仕入れて梱包と発送の作業を行うのは、現実的ではないですね。

アフィリエイトとは?

アフィリエイトと言っても、様々な種類がありますが主な仕組みはこんな感じです。

  1. 自分で運営するWEBサイトやブログサイトで、記事を更新します。
  2. 自分が書いた記事を閲覧して商品を購入した人がいると、利益が生まれます。

実際の商品を仕入れる必要もなく、梱包や発送作業も必要なし。

 

必要なのは、パソコン、レンタルサーバー+WEBのドメイン代金だけです。

一度、更新した記事は消さない限り半永久的にWEB内に残り、資産を積み重ねて利益を生み出すことができます。

1件あたりの利益は数十円単位なので非常に安いですが、作業時間を極端に増さなくても、こつこつと積み上げていくことで、月に数百万円以上がっつり稼ぐことも可能です。

理由1 転売は資金がかかり在庫がかかる

転売(せどり)を始めようと思うと、商品を事前に購入するので、初めに資金(初期費用)がかかります。

転売を商売として上手くいかせるには、それなりの資金がないと商品を仕入れることもできず、もちろん稼ぐことはできません。

 

また、商品を購入してから購入が決まるまでは、商品を自分で保管しておく場所が必要があります。

一応、商品を購入せずに、販売を先に始めてしまうという方法もあります。

 

しかしながら、購入された商品が手に入らなかった場合、購入してくれたクライアントの元に商品を届けられず、販売元の信頼性を失くしてしまいます。

さらに、仕入れた商品が100%売れるという保証はどこにもありません。

 

万が一、商品が売れなかった場合は、投資した金額分を取り戻せないというリスクを負うことになります。

販売する時には売れ残る可能性がある金額を上乗せして金額を決定する必要があります。

 

1,000円で100個仕入れた商品が1つも売れなかった場合、仕入れた金額10万円は損失になります。100個の商品をずっと保管しておく場所も必要になりますね。

その点、アフィリエイトの方は、実商品を仕入れるリスクがないので低資金でも始めることができます。

 

サーバー代金とURLの代金さえ稼げれば、マイナスになることもありません。

理由2 転売ビジネスは、管理が大変である

安くて売れそうな商品のリサーチ、仕入れ、保管など、販売までも様々な手間がかかります。

さらに、商品が売れた後にも作業が待っています。

 

商品の売買が成立した後は、発送・梱包などの作業が必要になります。

そのため、自宅もしくは倉庫など商品を保管している場所から離れられません。

どうしても肉体労働から離れることができず作業しないと、利益が生まれません。

 

その点、アフィリエイトの場合は基本的にWEBサイト上での作業になるので、肉体労働もなく場所の制限もありません。

アフィリエイトは扱う商品=情報なので肉体労働をする必要もないですし、ネット環境さえ整っていればどこでも好きな場所で作業を行うことが可能です。

例えば、海外を旅行しながら、ホテルやカフェで作業することかできます。要するに、旅の資金を稼ぎながら、好きなところに旅行することができます。

理由3 転売ビジネス(せどり)は、作業した成果が資産にならない

転売ビジネス(せどり)は労働した対価として利益を手に入れるまでの期間は短いですが、作業した経験が資産として残りません。

転売で得られるのは一時的な利益です。

継続的に収入を得るには、商品のリサーチ、仕入れ、商品の紹介、販売、梱包や発送などの作業を続ける必要があります。

 

また、商品の売れ行きはトレンドによって変わっていくので、ずっと同じ商品を仕入れ続けていては売れなくなっていきます。

そのため、常に市場調査や安い商品のリサーチも続けていかないといけません。

時給制のアルバイトと同じで、労働すればするほど利益に結び付きます。

 

その点、アフィリエイトは更新した記事が自分の資産になります。

更新した記事が継続的な利益を生み出します。何もしなくても、更新した記事が資産となり継続的に稼ぐことができます。

 

手っ取り早く利益を得たいという方には、転売ビジネスで短期的な利益を得つつ、こつこつとアフィリエイトで継続的な利益を得るという方法もおすすめです。

アフィリエイトで成功する唯一のコツ

転売ビジネスよりも稼げるアフィリエイトですが、始める前に知っておいた方が良いことが1つあります。

アフィリエイトで成功するためのたったひとつのコツがあります。

それは、利益が出なくても諦めずに記事を更新し続けることです!

 

アフィリエイトでは稼げないと言っている人の大半は利益が出るまでの準備期間に、記事の更新を止めてしまっています。

転売ビジネスの場合、商品を仕入れて販売を行えばすぐに利益が手に入ります。

早い時には、運用を始めたその日に利益を手に入れることも可能です。

 

しかし、アフィリエイトの場合は、記事を書いて更新してもすぐに利益が得られません。

超稼いでいるアフィリエイターでも、アフィリエイトを始めてからすくなくとも数ヶ月は利益がなかったという話はよく聞きます。

 

大きな利益を得られるまでに、まずはアフィリエイトのWEBサイトを閲覧する人数を増やす必要があります。

6ヶ月〜1年ほどは結果が出なくても、辛抱強くアフィリエイトの記事を増やし続ける必要があります。

 

利益が生まれない間も記事を書いて更新し続けることが、アフィリエイトで成功する唯一のコツです。

結論

ビジネス初心者であれば、利益がすぐに手に入る転売(せどり)で稼ぐのもいいでしょう。

しかし、ビジネスを数年単位で見ると、短期的な収入を得られる転売(せどり)よりも、資産を積み重ねて増やしていくアフィリエイトで稼いだ方が断然稼げます。

 

転売(せどり)の場合は、10万円稼いだ翌月の収入は仕入れた商品の売れ行きによって0円になる可能性もあります。転売(せどり)ビジネスを止めると、当然収入もなくなります。

 

アフィリエイトの場合は、とにかく記事を更新し続け、自分のWEBサイトやブログの閲覧者が一定数になり、検索上位になってくると自動的に毎月安定して収入を手に入れることができるようになります。

アフィリエイトは株投資のように、持っている資産が増え続けていくシステムです。

 

長期的な視点で見ると、圧倒的にアフィリエイトの方が稼げます!

僕は大学生の頃にビジネスに出会ってからパソコン1台で月収100万円以上稼ぐことができています。
これは僕に特別な才能があったわけではありません。
やる気次第で誰でも稼ぐことができます。
おかげで現在は仲間に囲まれて理想的なライフスタイルを送ることができています。
詳しくはこちらのプロフィールで語っているので読んでみてくださいね。
よっしのプロフィール

おすすめの記事