【XMパートナー】管理画面の各項目ごとの見方や使い方を解説!

こんにちは!よっしです。

 

XMパートナーの管理画面には、様々専門用語が用いられていたり、多数の項目が用意されていることから、利用に際して戸惑う方も多数おられるかと思います。

アフィリエイトにある程度慣れている方なら問題ないかもですが、アフィリエイト初心者の方は特に引っかかってしまうポイントでもあります。

 

今回はそういった初心者の方に、XMパートナーの管理画面の使い方について解説していきます!

 

  • 各項目の解説
  • 実際の見方

 

この辺りをベースとした内容です。

多数の要素が盛り込まれている画面ですので、今回の記事を参考に実際に使用しながら、徐々に使い方や雰囲気を掴んでみてください!

 

XMパートナー管理画面の見方・使い方

 

XMパートナーの管理画面には大きく次の項目が用意されています。

 

  • ホームページ
  • キャンペーン
  • マーケティング素材
  • リンク
  • レポート
  • 出金

 

それぞれの項目ごとに確認していきましょう。

 

ホームページ

 

管理画面の一番ベースとなる画面は、以下の画像のような画面となります。

 

 

画面の関係上二枚の画像となっていますが、トップページ全体の項目はこのような形です。

それぞれの要素ごとに確認していきましょう。

 

キャンペーン

 

キャンペーンとは、アフィリエイトリンクを管理するためのグループ分けのようなシステムです。

 

例えばサイトを複数運営する場合に

 

  • Aサイト用のアフィリエイトリンクをまとめたグループA
  • Bサイト用のアフィリエイトリンクをまとめたグループB

 

このような形でグループ分けをし、それぞれのグループごとに発生した収益やクリックデータを取得することができます。

 

サイトを複数運営しなくても

 

  • 記事上部に貼り付けている広告用のグループ
  • 横長バナーの広告リンクだけを集めたグループ

 

などなど、それぞれ検証してみたい要素ごとや、自分でわかりやすく管理したい時に活用してみましょう。

 

口座マネージャー情報

 

こちらでは、自分のパートナー口座を担当してくれるXMの担当者の方の情報を確認することができます。

名前、メールアドレス、SkypeのIDが用意されていますので、何か困ったことがある際には、こちらから連絡することが可能です。

 

クイックリンク

 

ここにはそれぞれのページに合わせたアフィリエイトリンクが用意されています。

 

  • ホームページリンク:XMのホームページへ飛ばすアフィリエイトリンク
  • リアル口座リンク:トレード口座開設のためのアフィリエイトリンク
  • サブアフィリエイトリンク:XMパートナー口座開設用ページのアフィリエイト

 

こちらに用意されているコードをコピーしてサイトに貼り付けることで、素早くサイトへリンクを挿入することが可能です。

 

後述する多種多様なアフィリエイトリンクを開くよりも、とりあえず素早くリンク挿入がしたい方はこちらを利用してみると良いかもしれません。

 

トレーダー

 

自サイトへ貼り付けていたアフィリエイトリンクから 、直近で取引を行なってくれたユーザーが表示されます。

取引条件等を完了した場合にはIDの横に緑のチェックマークがつき、まだ完了されていない場合には赤のバツ印が表示される形です。

 

E-Wallet情報

 

こちらにはE-Walletの情報が表示されています。

E-Walletは、アフィリエイト報酬が振り込まれる専用の口座で、後述の出金方法によって、実際のトレード口座へ送金するか、銀行送金をして皆さんの個人的な銀行口座へ送金するかを選択することができます。

 

また、3つ用意されているのは理由があります。

 

  • XM
  • XM Trading
  • XM Global

 

XMは世界的なグループ会社ですので、XM1つだけの会社というわけではなく、ほぼ同じサービス内容ながらいくつかの会社に分かれているような形です。

分かりやすい例が、日本語対応サポートを行なっているのはXM Tradingのみで、他では日本語対応をしていません。

 

この他にも細かなサービスやライセンス、所在地の違いがあるものの、FX業者ということに変わりがなく、XMという1つの大きなブランドが形成されています。

 

そのため、それぞれのサービスごとに口座が分かれており、E-Wallet口座の情報も3つの口座で表示されているような形になっているのです。

 

統計

 

トップページ最後の項目は、この統計部分になります。

 

統計には、全てのアフィリエイトリンクで発生した収益や、クリック数、実際にどれくらいのユーザーが取引を行なっているかなど詳細な情報を確認可能です。

 

キャンペーン

 

先ほどのトップページにも用意されていたキャンペーン機能。

こちらでは新規のキャンペーン追加や、期間指定をおこなって過去のデータの閲覧を行うことが可能となります。

 

新規キャンペーン作成

 

赤枠で囲んでいるキャンペーン名のところに希望するキャンペーン名を入力。

すると新しいキャンペーンを作成することができます。

 

キャンペーンへ組み込むためのアフィリエイトを設定する方法は、次の「マーケティング素材」の部分で詳しくお伝えします。

 

過去のキャンペーンデータの確認

 

赤枠部分の期間を選択後、実行をクリックすると、過去のキャンペーンデータを表示させることができます。

有効なキャンペーン情報をこちらから再度チェックして、より効率的なサイト運営に役立ててみてください。

 

また、キャンペーンタブに用意されている「サブアフィリエイトキャンペーン」に関しても、同じようなシステムを利用することができます。

 

マーケティング素材

 

こちらには、実際にサイトへ貼り付けるアフィリエイトリンク用のバナーなどが用意されています。

その数は結構な量が用意されており、サイズも多種多様。

 

 

自分のサイトの雰囲気やシステムに合わせながら、適切な広告をチョイスしてみてください。

 

キャンペーンはここで指定

 

先ほど解説をしたキャンペーンは、こちらから任意のものを指定することができます。

 

キャンペーンと表示された部分から、希望するキャンペーン名を選択。

そうすると、表示されているコピーを行うアフィリエイトリンクの属性が、指定したキャンペーン用のものになります。

 

そのコードを貼り付けることで、キャンペーンごとのデータ抽出が後から可能となるのです。

キャンペーン指定をきちんと行いたい方は、この項目で設定することを忘れずに行ってください。

 

こちらも、「サブアフィリエイトキャンペーン」に関しても同じほぼ同じ機能を利用することができます。

 

リンク

 

リンクには、先ほどのキャンペーン素材と違い、記事の中の文章に対して貼ることができるアフィリエイトリンクのコードが用意されています。

 

この中から、気になるキーワードを選択して、コードをコピー。

そのコードを文章の中の適切な部分に挿入すると、反映することができます。

 

キャンペーン選択に注意

 

こちらも先ほどのマーケティング素材同様、キャンペーンの選択を忘れないようにおこなってください。

 

また、こちらの項目も「アブアフィリエイトリンク」タブに関しても同じシステムで利用することができます。

 

レポート

こちらでは詳細なレポートを確認することが可能です。

 

  • Lot Rebate 統計
  • トレーダーリスト
  • デモトレーダーリスト
  • トレーダーの取引
  • サブアフィリエイト情報
  • 調整

 

これら用意された項目ごとにデータが違い、それぞれのデータタイプを使い分けることで、より効率的なサイト運営のための参考にすることができます。

 

Lot Rebate 統計

総合的なアフィリエイト情報に関しては、こちらでチェックすることができます。

期間やキャンペーンごとの指定などを選択して、発生した報酬額や実際のクリック情報等を確認する際に利用してみてください。

 

トレーダーリスト

 

自分のアフィリエイトリンクから登録してくれたトレーダーの一覧が表示されます。

口座タイプや初回入金日等を確認可能です。

 

デモトレーダーリスト

 

こちらはリアル口座での登録トレーダーではなく、デモトレードを行なっているトレーダーの一覧です。

内容は、前項のトレーダーリストとほぼ同じような内容となります。

 

サブアフィリエイト情報

 

トレードを行なった方ではなく、自分のサイトからXMパートナープログラムをはじめたユーザーが表示されています。

 

調整

 

こちらは特に使用することがない項目です。

 

出金

 

こちらから報酬の出金申請と出金履歴に関しての確認をすることができます。

記事冒頭でご紹介した通り、3つ用意されたE-Wallet口座からそれぞれ、出金の方法を選択することができます。

 

また、出金の際には大きく2つのパターンで行い

 

  • トレード用口座へ送金して、トレードで利用する資金とする
  • 指定した出金方法で出金を行なって、自分の銀行口座や電子ウォレットへ送金する

 

どちらでも好きな方法でお金を引き出すことができます。

 

トレード口座へ送金しない場合

 

その他の選択オプションより、用意された出金方法で送金可能です。

XM Tradingの場合はBitwalletへの送金も可能なので、アカウントがある方はそちらを利用するのも良いかもしれません。

 

まとめ:XMパートナーの管理画面の見方や使い方について

 

今回はXMパートナーの管理画面の見方についてを解説してきました。

 

多数の項目が用意されているので、よくわからない方も多いかと思います。

ですが、一度覚えてしまうと非常にわかりやすいサイト設計が行われているといえるでしょう。

 

ぜひ、今回の記事を参考にベースとなるやり方を確認して、より効率的なサイト運営を行なってみてください。

僕は大学生の頃にビジネスに出会ってからパソコン1台で月収100万円以上稼ぐことができています。
これは僕に特別な才能があったわけではありません。
やる気次第で誰でも稼ぐことができます。
おかげで現在は仲間に囲まれて理想的なライフスタイルを送ることができています。
詳しくはこちらのプロフィールで語っているので読んでみてくださいね。
よっしのプロフィール

おすすめの記事