この画像は会社に向かない社会不適合者のイメージ画像です

どうも、よっしです。

 

今回は、会社に向かない社会不適合者をテーマに、特徴的な5つの性格を紹介します。

 

会社に勤めていると、いろんな事でストレスや不満を感じることがあると思います。

そのようなストレスや不満をうまく解消できているのであれば良いのですが、中には解消できずに苦しみ続けている人もいると思います。

 

人にはいろんな性格があり、誰しも長所や短所があり、得意なことや不得意なことがあります。

ですので、会社でストレスや不満に苦しみ続けている人は、そもそも会社員に向いていない性格である可能性が高いです。

 

自分が会社に向かない、いわゆる社会不適合者と言われる性格かどうかを知ることができれば、会社員以外の生き方を目指すこともできます。

 

そのために、まずは自分の性格を知ることが大事ですので、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

 

 

会社に向かない社会不適合者の5つの性格

 

集団よりも個人プレーを好む人

 

会社ではグループで仕事を進めることがほとんどで、上司の指示に従って進めることになります。

 

グループでの仕事をスムーズに進めるためには、進捗や結果の報告、関係各所への確認、グループ内の情報共有、メンバー間のコミュニケーションなどがすごく重要です。

いわゆる、ホウレンソウ(報告・連絡・相談)が求められます。

 

一方で、こういったことが面倒だなと思い、ストレスを感じる人もいると思います。

また、コミュニケーションが苦手で一人で仕事をすることを好んだり、上司の指示に従うことが嫌で自由に仕事をしたいという人もいると思います。

 

このような性格の人は、会社員に向いていない可能性が高いです。

 

 

様々な関係者からの理不尽に耐えられない人

 

会社では、いろんな性格のメンバーや、上司同僚部下といった異なる立場の人や、仕事によっては客先外注の人とも関わることになります。

このように様々な人と関わると、中には理不尽な人もいます。

 

ミスの責任を押し付けられたり、成果が正当に評価されなかったり、上司と部下の板挟みにあったり、客先から不当なクレームを受けたり、挙げればキリがありません。

 

こういった理不尽な扱いを受けても反省し、耐えられる人は問題ないと思います。

しかし、ストレスを感じて切り替えがすぐにできない人や、腹を立ててその矛先が会社に向かう人もいると思います。

 

このような特徴の人は、会社に向いてないと考えられます。

 

 

不合理な会社のルールがキライな人

 

会社には就業規則などのルールがあり、それに従う必要があります。

他にも独自のルールや暗黙のルールが存在することもあります。

 

こういったルールは会社をスムーズに運営していくために必要なものがほとんどですが、中には不合理なルールも存在します

上司が帰るまで帰れない、紙の書類への押印待ち、無意味なミーティングの開催、など時間の無駄で不合理に感じることもあると思います。

 

こういった不合理なルールに従うことで自分自身の貴重な時間が奪われるため、合理的な考えを持つ人焦りや不満を感じる様になると思います。

 

このような考えを持つ人は、会社員に向いてないといえます。

 

 

会社に忠誠心をもてないひと

 

会社によっては社員一丸となって頑張るという風潮があります。

社員がそのような考えを持って仕事を進めることで、会社として成果を上げることができます。

 

会社の理念や社長の想いに賛同し忠誠心をもてる人は、そのような会社でもモチベーションを感じて頑張れると思います。

しかし、自分の給与や身の回りの環境改善といった、自身に関係のある事柄を優先に考える人にとって、社員一丸という考えには賛成できないと思います。

 

このような人は会社に忠誠心をもつことが難しく、個人の利益にモチベーションを感じるため、会社員に向いてないといえます。

 

 

会社で自己実現ができないひと

 

会社にとって重要なことは、組織を維持しつつ拡大することで、そのために存在していると言っても過言ではありません。

ですので、個々の社員の夢や理想などの自己実現は二の次といえます。

 

会社の都合による異動や転勤などで自分のやりたい仕事ができるとは限りませんし、上司の指示でやりたくない仕事をやらされることもあると思います。

また、長時間残業、休日出勤、長期出張などでプライベートの時間が奪われ、趣味や将来の自己実現のための活動ができないという人もいると思います。

 

このような状況で自分の夢や理想を達成できないと感じる人は、会社員に向いてないといえます。

 

 

まとめ

 

今回は、会社に向かない社会不適合者の5つの性格を紹介しました。

 

いかがでしょうか。

1つでもあてはまるという方は、そもそも会社で働くことに向いていない性格なのかもしれませんね。

 

そのような性格の人が何のために会社で働いているのかというと、生活費を稼ぐため、という理由があるのではないでしょうか。

 

しかし、世の中には会社員以外の働き方や稼ぎ方がたくさん存在します。

自分が会社に向かない性格だと思ったら、無理して会社員を続けるより、他の働き方や稼ぎ方を考えてみるのも良いかもしれませんね。

 

 

今回の記事がお役に立てれば嬉しいです。

 

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

 

僕は大学生の頃にビジネスに出会ってからパソコン1台で月収100万円以上稼ぐことができています。
これは僕に特別な才能があったわけではありません。
やる気次第で誰でも稼ぐことができます。
おかげで現在は仲間に囲まれて理想的なライフスタイルを送ることができています。
詳しくはこちらのプロフィールで語っているので読んでみてくださいね。
よっしのプロフィール

最後までご覧になったあなたへ特別のプレゼントを用意しています

最後までお読み頂きありがとうございます
これからも有益な情報を提供いたしますので楽しみにしてもらえたらと思います。

よっし公式LINE@の友だち追加してくれた方に特典を用意しています。
即金で1万円稼げる教材やスカイプ通話相談権利をプレゼントしています。

この無料モニター権利は人数限定で募集させて頂いていますので
ご興味がある方は早めにご連絡をお願いします。

こちらからLINEの友達追加をすることができます。
LINEでも気軽に絡んでもらえたら嬉しいです。

おすすめの記事