コンテンツ販売が最高のビジネスモデルである理由とは?具体的な収益までの4ステップ

よっしです。

今回の記事では、僕が24歳にして年間3000万以上の利益を出しているコンテンツ販売について解説をしていきます。

 

コンテンツ販売とは? 

コンテンツ販売自分が持っているスキル、知識、経験をPDF、音声、動画」

などの情報に変換してインターネット上で販売するビジネスモデルになります。

例えば、過去にダイエットに成功したことがあるなら体型で悩んでいる人に向けてダイエットの仕方をまとめた講座を販売するといった形です。

 

コンテンツ販売の良いところは自分の商品を販売するので

価格は自分で決めることができて、売り切り型のコンテンツなら1000円から10万円といった形で幅広い値段で販売することができます。

 

顧客に直接指導するコンサルなら30万から100万以上という形で高額の値段で販売することができます。

僕はこのコンテンツ販売を極めて24歳にして年3600万円もの売り上げを達成することができました。

 

コンテンツ販売は非常に利益率が高いビジネスモデルであり販売までの流れも仕組み化できるので

僕のような個人起業家にとってはうってつけのビジネスモデルです。

 

個人がビジネスをするならコンテンツ販売を実践することで効率的に収入を得ることができます。

理由としてはコンテンツ販売は初期費用がかからず、販売もオンライン上で可能なので

一人でも十分な収益を出すことができるからです。

 

例えば、映画は撮影した作品が全国の映画館で上映されその後もDVDやamazonprime,netflixなどの動画公開サービスを用いて収益を生み出しますよね。

一度作ったコンテンツが全国の映画館で公開され、ネットでも販売されることで収益が入るようになるわけです。

 

メンタリストDaigoさんもこれまでのニコニコ動画やyoutubeライブなどで配信した

過去の動画をまとめて視聴できるDラボというオンライン会員制サイトで月収で8億円の利益を生み出しました。

しかもDラボは継続課金制なので会員が継続する限り毎月安定した収入を得ることができます。

 

堀江さん、マコなり社長という有名人もビジネス経験や考え方を発信する会員制のメルマガを運営することで月収数百万、数千万円の収入を得ています。

このようにコンテンツ販売は個人が大金を稼ぎ出せる有名起業家も取り入れているビジネスモデルです。

 

「でも、Daigoさんや堀江さんの有名起業家だから成功できたんじゃないの?」

と思う方もいらっしゃと思いますが、無名の個人でも十分な収益を得られると断言させて頂きます。

正直言って無名で顔出しなし影響力がない個人でも収入を上げることができます。

 

例えば僕の場合はyoutubeのチャンネル登録者数が230人程度ですが

youtube経由で毎月100万以上の売り上げがでていますし

フォロワーが100人以下の個人でも毎月安定的に80万円以上の利益を出しているクライアントもいます。

 

無名な個人でも十分にコンテンツ販売で収益化することはできます。

最近ではnoteやココナラというプラットフォームでコンテンツやスキルを販売して稼ぐ人もたくさん出てきました。

 

ココナラはテレビCMを流している企業なので知っている方も多いと思います。

このようにコンテンツ販売は、世の中で当たり前のように行われていて参入障壁が非常に低くなっており収益を生み出しやすくなっているのです。

コンテンツ販売の具体的なメリット

コンテンツ販売の良いところは有名起業家であるホリエモンが提唱している

「儲かるビジネス4原則」を満たしている点にあります。

儲かるビジネスの4原則
・小資本で始めることができる
・在庫がない
・利益率が高い
・毎月の定期収入を確保することができる

コンテンツ販売は、自分の持っている知識や経験を音声、動画、PDFなどの情報を販売するビジネスモデルになります。

音声、動画、PDFは情報がベースとなっており原価がかからないので圧倒的に利益率が高いです。

 

他のビジネスモデルと比較すると転売や物販では仕入れ資金、在庫の管理、検品、梱包、発送から手間がかかります。

株やFX、仮想通貨などの投資系ビジネスは当然運用資金や初期投資が必要ですし、大きな損失を被るリスクがあります。

 

 一時的に上手くいったからといって安心することはできません。

しかし、コンテンツ販売はオンライン商品なので働く場所や時間も自由にできます。

育児で時間が厳しい主婦や隙間時間に副業を考えている会社員の方でも充分に取り組むことができます。

 

さらに、初期費用に関してもココナラやnoteなどのコンテンツプラットフォームを使えば

初期費用0円でもコンテンツ販売を始めることが可能です。

ネット上のブログやLINE、メルマガを使えば月1万円以下ですし圧倒的に安いです。

 

そして先ほども例に挙げた、Daigoさんのように月額課金制のサービスにすれば安定的な収入を見込めることができます。

直接顧客に指導するコンサルティングにすれば1件あたり50万円以上の報酬を得ることができますし

10万円から30万円高単価商品も販売することができます。

 

趣味や経験を活かして感謝されながらお金をもらうことができる

しかも、コンテンツビジネスのよいところは

「お客様に感謝されながらお金を稼ぐことができる」というところです。

分野は恋愛、お金を稼ぐ系、人間関係、仕事など様々です。

 

その市場に悩みが存在するならコンテンツ販売が成立するということです。

例えば、過去に友達ができたことがなくて人間関係や心理学を学んでコミュニケーション力を高める勉強をした人なら

「友達の具体的な作り方」というコンテンツを作成して購入したお客様が実際に友達を作れたら感謝されますよね?

 

自分のこれまで培ってきた経験とスキルを活かして

「人の悩みを解決した対価としてお金を受け取る」

ということができるわけです。

「私は得意分野や大した取り柄もないし、、」という方でも大丈夫です。

 

今の時代はインターネットやyoutubeで情報があふれていて時間をかけなくても

簡単に情報やスキルをつけることは可能なんですよね。

例えば、googleやyoutubeで調べるとたくさんの役に立つ記事や動画がでてきます。

 

このような情報をネットから仕入れて分かりやすくまとめてあげるのも良いですし

本屋であなたが興味がある分野の本を20冊購入して

その内容をPDFや音声コンテンツにまとめていけば自分オリジナルの商品になるのです。

「本当に情報を仕入れてまとめることって大丈夫なの?」

という方もいると思うんですけど大丈夫だと断言することができます。

 

先ほどの例を挙げるとお客さんからしたら20冊本を読む時間を短縮することができましたよね。

本を1冊読むのに2時間かかる場合だったら×20冊で40時間以上の短縮になるわけです。

 

仕事が忙しくて本を読む時間もない人にとっては有益な内容をぎゅっと詰め込んでもらうことはお客さんにとっても嬉しいことなんです。

情報は世の中にたくさんありますが、本当に必要な情報だけを選択することの方が重要になっているわけですね。

 

コンテンツ販売で収益を得るための4ステップ

コンテンツ販売で収益を得るステップは、下記の4つのステップになります。

コンテンツ販売で収益を得るための4ステップ

・ステップ1:ジャンル設定とリサーチ

・ステップ2:コンテンツ(商品)を作成する

・ステップ3: 見込み客:「web集客」見込み客を集める

・ステップ4:集まったお客さんに対してセールスをする

・ステップ1:ジャンル設定とリサーチ

最初にジャンルとターゲットを設定します。

コンテンツ販売のジャンルは、恋愛、ビジネス系、健康系など様々です。

その中で自分はどのジャンルに参入していくのか決めます。

 

「自分はお金を稼ぐことに興味あるからビジネス系にしよう」という安易な考えでは上手くいきません。

ビジネス系のジャンルの中にもさらに「転売、アフィリエイト、投資、SNS」があり

さらに細分化すると転売の中でも「店舗せどり、amazon転売、輸入転売、無在庫転売、ヤフオク転売、フリマ転売」という多岐にわたるジャンルがあります。

 

ですから具体的に絞り込んでジャンルを決める必要があるわけです。

そして決めたジャンルがきちんと勝てる市場であるのかを確認します。

 

これから参入していくジャンルの競合が多ければ他のライバルに顧客を取られる

可能性が高くなるので長期的な収益を得ることが困難になります。

ですから、きちんとリサーチをして自分の参入していくジャンルを見極める必要があるわけです。

・ステップ2:コンテンツ(商品)を作成する

ジャンル設定とライバルリサーチを終えたらコンテンツ(商品)を作成していきます。

ステップ1の段階で需要があってライバルにも勝てる市場を見つけることができているので

顧客が求める情報を本を読んだりネットで調べて勉強をして商品を作成していきます。

 

商品自体は「PDF、音声、動画」など自分にあった情報の形式にしていきます。

同時に販売する仕組みも構築していきます。

 

セールスレターはページに訪れた人に一目で興味を抱いてもらい

「これは自分に関係があるかも」と思ってもらわなければ、最後まで読んでもらえません。

 

・ステップ3:見込み客:「web集客」見込み客を集める

ステップ2で商品を作ったので次は「見込み客」を集客していきます。

どれだけ良い商品やサービスがあってもお客さんがいなければ商売は成り立ちませんよね?

 

ですから、ネットのメディアでお客さんを集める仕組みを作っていきます。

具体的にはこれらのメディアを使って集客をしていきます。

・ブログ
・ツイッター
・インスタグラム
・youtube
・tiktok
・facebook
これらのメディアを使うことによって「見込み客」を集めていきます。
ただ問題なのがメディアがたくさんあってどれから手をつけていいのか分からないということです。

扱う商品やサービスによって扱う媒体が変わっていきます。

例えば20代女性向けの商品を扱うなら20代の層が多いtwitterやインスタグラムを使用していきます。

・ステップ4:集まったお客さんに対してセールスをする

最後のステップが、販売です。

ステップ3でお客さんをLINEやメルマガに誘導したら作成した商品をセールスしていきます。

しっかり媒体を選定して商品が欲しい状態になっている見込み客なので成約する可能性は高いです。

 

セールスする方法としては、電話かセールスレターに誘導するなどの方法があります。

「電話なんて怖い」「セールスするなんて自分にできるのか」

と思う方もいらっしゃると思いますが大丈夫です。

 

セールスには一定の型があるので、それに当てはまるような形で実践して頂ければ成果はでます。

実際に僕が30万円以上の高単価商品を成約しているテンプレートもご紹介しますのでご安心ください。

 

どうでしょうか?コンテンツ販売は素晴らしいビジネスモデルであることが理解できたと思います。

僕のブログではコンテンツ販売に関する情報を発信していくので引き続きよろしくお願いします。

 

僕は大学生の頃にビジネスに出会ってからパソコン1台で月収100万円以上稼ぐことができています。
これは僕に特別な才能があったわけではありません。
やる気次第で誰でも稼ぐことができます。
おかげで現在は仲間に囲まれて理想的なライフスタイルを送ることができています。
詳しくはこちらのプロフィールで語っているので読んでみてくださいね。
よっしのプロフィール

最後までご覧になったあなたへ特別のプレゼントを用意しています

最後までお読み頂きありがとうございます
これからも有益な情報を提供いたしますので楽しみにしてもらえたらと思います。

よっし公式LINE@の友だち追加してくれた方に特典を用意しています。
即金で1万円稼げる教材やスカイプ通話相談権利をプレゼントしています。

この無料モニター権利は人数限定で募集させて頂いていますので
ご興味がある方は早めにご連絡をお願いします。

こちらからLINEの友達追加をすることができます。
LINEでも気軽に絡んでもらえたら嬉しいです。

おすすめの記事